プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(桃の花))

福島原発訴訟 千葉裁判結審 

1月31日(火)

2011年3月に発生した東京電力福島第一原発事故からもうすぐ6年。
10万人近い人々が故郷を追われ、避難生活を強いられています。
その数は、千葉県で約3000人。

2013年には、原告18世帯47名が国と東電を相手取り、
千葉地裁に提訴。
その福島原発被害集団訴訟が今日結審しました。
裁判は午後からでしたが、午前中から「公正判決を求める決起集会」や
裁判前の街宣活動などを行うと聞いていましたが、佐倉での所用があり
千葉地裁に到着した時は法廷が開かれた直後でした。
そこで、急ぎ裁判所向かいの弁護士会館へ。

模擬裁判
傍聴できなかった人のために弁護団が模擬裁判を実演中

実際の裁判は、2時間半を超え、17時前に終了。
裁判後、17:30から報告集会が開かれました。

裁判報告集会1
福武弁護団長が裁判の意義を力説

この裁判の目的は、国と東京電力の責任を認めさせること。
原子力災害賠償法では、安全神話を言い続けてきた国の責任は
まったく問われません。
暮らしを根こそぎ奪われた「ふるさとの喪失」に対して
心から謝罪し、一人ひとりの求める賠償を実行させることです。

裁判報告集会2
法廷で弁論に立った弁護士の皆さん

津波の予見性と対策、規制権限をめぐる責任論と同時に
低線量被ばくに基づく避難の合理性を明らかにする損害論を
立証するため、最終準備書面は1000ページにも及んだとのこと。
そのエッセンスを2時間半という限られた法廷の中で
見事にまとめ上げたと北は北海道、西は兵庫から駆け付けた
弁護団が口々に絶賛していました。
リアルタイムで傍聴できたら良かったのですが、残念です。

原告6人も意見陳述を行ったとのこと。
全国各地の裁判所でも約30もの集団訴訟が提起され
1万人を超える人々が立ち上がっており、その中でも千葉裁判は
進行が群馬の次に早いため、全国から注目されているそうです。
判決言い渡しは、9月22日に予定されています。

報告集会3

「私たち一人ひとりの人生が、あの日を境に奪われてしまった」
「なりわい裁判」(生業を返せ、地域を返せ)の原告のお一人が
訴えられた言葉に胸が詰まりました。

そして1月28日の福島民友新聞の報道によると
福島の5つの市町村への住民の帰還率は、わずか13.1%。
さらにこの3月から4月に向けて、4つの町が帰還宣言をする
予定ですが、その地域にある8つの高校のうち5校が休校とのこと。
このようなところに帰還させ、どのように生活せよというのでしょうか?

報告集会5

千葉地裁に「公正な判決を求める署名」は、この3か月で
3万筆を超えました。
引き続き、この問題を広く訴え、署名活動を続けていきます。

3.11は終わっていません。
福島原発事故の責任や賠償をうやむやにするのではなく
国や東電は真摯に対応すべきです。
風化させることのないよう今後とも声をあげていきます。


カテゴリ: 未分類

Trackback: --   Comment: --   

活動の原点 

1月20日(土)

昨日は、夜6:30から市民ネット事務所4階の会議室で
緊急集会「首長の責任とは? 国立マンション訴訟判決に異議あり!」を開催。

1993年、東京都国立市で大学通りのマンション計画をめぐって
景観紛争が起こり、その後、いわゆる国立市景観訴訟に発展。
当時、市長だった上原公子さんと市議会は「市民の憩いと誇りである
景観を守ってほしい!」との市民要望に応え、国立の象徴でもある
桜並木に高さ制限をかける条例を制定しました。
この間、関連する3つの裁判が進行し、昨年12月13日、上原さん個人に
賠償金3100万円の支払いを求める高裁判決が確定。

これに先立ち、上原さん側が最高裁に対し、昨年12月21日に
専門家や8人の自治体首長の意見書を提出すると通告していました。
にもかかわらず、最高裁は13日に突然「棄却」という
トンデモナイ司法判断が下されたとのこと。
しかもその中身があまりにもひどい!

信じられないことに、最高裁自ら議会の「議決」と「決議」を同義語に扱い、
法的安定性を否定しているとのこと。
そして、この内容は昨年12月20日に出された沖縄裁判の最高裁判決と
矛盾するため、20日前の13日に突然の棄却言い渡しになったのでは
ないかということでした。

今回の判決は、何よりも地方自治の首長の発言、行動を委縮させ、
市民自治、地方自治をないがしろにするものであること。
これが判例になってしまっては今後の司法判断に悪影響を及ぼすことは
疑いようがありません。
上原さんは、「民主主義の崩壊の兆し」と断じました。

上原公子さん
上原公子さん

2005年の裁判から11年経過し、上原さん個人への賠償金の額は
金利がかさみ、なんと4500万円まで増額。
市民のために身体を張って「景観利益」を守った上原さんに対して
あまりにもひどすぎる仕打ちといわざるを得ません。
地方自治の本旨を理解しようとしない「絶望の裁判所」続編です。

これは他人ごとではない、上原さん個人に負担を強いるのはおかしい、
市民自治を救えと基金が設立されました。
以下、詳しい経緯をお読みいただき、ご支援ください。
       ↓
ひろこがんばれネット(仮)

集会後、近くのお店で懇親会。

上原さんとの懇親会
丸ごと大根の煮物をカットする上原さん

上原さんは東京生活者ネットの元代理人、国立市議を2期務めた
私たちの大先輩であり、市民ネット初の首長経験者でもあります。
そして、何よりもチャーミングで芯が強い!
折れない!めげない!前向き!
上原さんの武勇伝に話の花が咲きました。

今日20日は、生活クラブ千葉40周年の記念行事に参加。
朝9時に家を出て幕張のホテルに向かいました。

10:30から始まった記念式典
生活クラブ40周年記念式典

生活クラブ虹の街の木村庸子理事長のあいさつ
木村理事長

1976年6月に流山を皮切りに1003人で立ち上がった生活クラブ千葉
が今や43000人の組合員を抱える組織になり、共同購入から
代理人運動(代理人を議会へ送り出す市民ネットワークの活動)、
特養や児童養護施設などの福祉事業にもチャレンジし、
地域とのネットワークを確実に広げています。
とりわけ特養のユニット化やユニバーサル就労など、
新たな社会モデルを発信し、国の制度や法律を変えてきた実績は
素晴らしいと思います。

第二部12:30からは、祝賀パーティ。
祝賀パーティ

生協関係者や生産者、来賓等々200人以上で盛大に開かれました。
私は生活クラブ歴は16年ぐらいですが、お米、卵、肉、野菜など
安全・安心の消費財に助けられてきました。

生産者の方々
生産者の方々に感謝です!

この機会にいろいろな方々とお話しすることができ、楽しいひと時を
過ごすことができました。

そして、生活クラブ千葉の創設者のお一人である北角(きたずみ)
虎男さんにもお目にかかることができました。

北角さんと
御年90歳の北角さんと

北角さんは流山で生協活動を立ち上げ、その直後に流山市議に当選、
後には県議も務められたそうです。
同じ会派を組んでいる流山の小宮清子議員のことも話題にあがり
激励していただきました。

安全・安心の食と農、誰もが自分らしく生きる、多様性を認め合える社会
地域で支えあい助け合うしくみづくり、食・環境・ケアの地域自給圏構想
等々のキーワードが語られ、私たちの活動の原点を改めて思い起こし
元気をもらうことができました。

来週28日(日)は、市民ネットワーク千葉県の総会です。
私たちはどのような活動に力を入れるべきか、問われていると思います。



カテゴリ: あれこれ

Trackback: --   Comment: --   

広がれ、子ども食堂の輪!全国ツアーin千葉に参加 

1月17日(火)

寒い日が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか?
今朝の京成佐倉駅を最後に年初の駅頭活動を終えました。

それにしても、昨日の京成志津駅が一番寒かった!
零下一度だったようです。

京成佐倉駅頭で
京成佐倉駅にて

3月26日の千葉県知事選挙に向けて、いまの森田県政の実情を
お知らせし、県政への関心を高めてほしいとの思いで情報紙を
お届けしました。

財政力は全国4番目に豊かなのに、医療・福祉、教育費は全国最低レベル
の千葉県の税金の使い方、優先順位は問題が大ありです。
とりわけ教育費は全国最下位といった現状は見過ごせません。

折しも、小池都知事が来年度から私学高校に通わせる保護者負担を
大幅に軽減させると言明しました。
年収760万円以下の世帯の学費無償化をするとのこと。
その額は80億円で対象は5万1千世帯と今朝TV報道されていました。
都知事選挙の公約を実現とのこと。

一方、千葉県は学校法人への私学助成は年間130億円以上ですが
保護者への直接的軽減策は授業料だけにとどまっています。
私は、授業料だけではなく施設整備費に対する保護者負担の軽減策も
行うよう求めていますが、千葉県ではまだありません。
お隣の埼玉県ではすでに実施されています。
これでは、子育て世代は千葉県ではなく東京や埼玉県に転出して
しまうのではないでしょうか。
千葉県の子育て・教育環境の充実が急ぎ求められています。

この他、子どもの貧困対策への千葉県の姿勢も問われています。
一昨日の15日(日)千葉市文化センターで開かれた
「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin千葉」に参加。

子ども食堂シンポジウム

県内で広がっている「子ども食堂」の取り組み事例が発表されました。

私の住む佐倉市からは、NPO法人ほっとスペース・つきの田代さんが
パネリストとして登壇。
子どもの貧困対策を前面に出すのではなく、子どもだけではなく高齢者も
含め、地域の居場所づくりが求められていることが多数報告されました。

子ども食堂シンポジウム2
ホールを出た会場では、ポスターセッションで各地の取り組みを紹介。

子ども食堂シンポジウム3
こちらは、佐倉のほっとスペース・つきの展示です。

午後1時過ぎ、会場で県児童家庭課の根本課長にお会いしました。
朝10時からシンポジウムにずっと参加してくださっていたようです。
子ども食堂は完全に民間の取り組みですが、子どもたちが健やかに
地域で育つことができる環境をつくっていくために官民の垣根を超え
力を合わせていかなければなりません。
まずは関心を持ってもらうことが第一歩となると思います。

子ども食堂4

子ども食堂5
元市民ネット代理人の湯浅美和子さん

閉会のあいさつは、NPOちばこどもおうえんだんの湯浅さん。
湯浅さんは市民ネットの代理人として、3期千葉市議を務めました。
議員引退後は、児童養護をはじめ子どもの応援団活動をしています。

子ども食堂は子どもの貧困対策を焦点にするのではなく地域の居場所、
コミュニティづくりとしてもとても有意義な取り組みになることを確信しました。
このような地域に根差した活動に力を入れていく必要性を改めて
痛感したシンポジウムでした。
参加して本当に良かったと思います。



カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --   

早朝の駅頭にお邪魔しています! 

1月13日(金)

連休明けの10日(火)から、市内5駅での早朝街宣活動をスタート。
3日目の今日は、6:30~JR佐倉駅にお邪魔しました。

冬至は過ぎたとはいえ、早朝の駅頭は薄暗く仕事に向かう人影はまばら。
7時頃になると学生さんたちの姿もだんだんと増えてきます。
明日からの週末は、寒さが一段と厳しくなるとのこと。
センター試験を受ける受験生への影響も心配です。

今回は、市民ネットワーク千葉県の情報紙を配布。
2か月後に迫った千葉県知事選挙に向けて、森田県政の検証を特集。
小池都政にはマスコミの影響もあり、全国的な注目が集まっていますが
千葉県政への関心度合いは今一つといったところ…。

財政力は全国で4番目に豊かなのに、医療・教育・福祉への予算配分は
他県に比べて少なく、全国最下位の実情です。
総務省が出している「統計でみる都道府県のすがた2016」から
千葉県の順位を示し、解説を試みました。
知事選挙の判断材料の1つとしていただければ幸いです。

臼井駅駅頭にて
1/10 京成臼井駅にて今年最初の情宣活動

昨晩12日(木)は、印旛市郡医師会の新年会に参加するため
夕方から成田へ。

例年、医師会のドクターはじめ、地域の基幹病院の院長先生、
印旛郡市の首長や国会や県議会の議員が一堂に会します。
この場で医療現場の実情や医療政策の動向がそれぞれの立場で
語られ、また直接お話しできるとても貴重な機会となっています。

今回も、市内の東邦病院、聖隷病院、国立下志津病院の院長先生方に
地域医療の課題や現場でのご苦労話を聞かせていただきました。
また、酒々井町と一部事務組合で共同運営している墨地区の
清掃工場について、酒々井町の小坂町長からお話を聞くことができました。
小坂町長とは、市議2期目の時に清掃組合議会の議員として
ご一緒しました。
また、監査委員として月例監査等でたびたび清掃工場に通った経験は
とても貴重なものでした。
任期中に職員が公金を持ち逃げするなどの問題も生じ、関係者に
事情聴取を行うなど、問題対応の仕方など勉強になることばかりでした。
と同時に、公職としての責任の重さを痛感しました。

話しは脱線しましたが、医療業界も診療報酬や薬価改定、人材育成や
人材不足など課題山積で厳しさを増していることが肌で伝わってきました。
とりわけ今年4月に医学部を開設する成田の国際医療福祉大学の動向
地域医療への影響は、一大関心事です。

医師会新年会

今後、新設される大学病院で高度医療が行われることになると
周辺市町村の国保財政を圧迫する事態も生じかねないとの
認識も示されました。
また、新薬開発や新たな医療技術の進歩により新たな疾病が併発される
との事例があげられ、どこまでの医療を私たち住民が求めていくのか
という問題提起が印象的でした。

いずれにしても、地域医療の充実のためには、何よりも医師・看護師を
はじめとする医療従事者の質と量、両面での人材確保がカギとなります。
2月議会では、新年度に向けて医療現場の環境改善につなげる
予算拡充を求めていきたいと思います。

カテゴリ: あれこれ

Trackback: --   Comment: --   

三連休は地元佐倉で 

1月9日(月)

新年初めの三連休。
7日(土)は、午前中から昼過ぎまで地元の支援者宅に新年のあいさつ回り。
夕方から千葉みなとで開かれた全建総連千葉県連・中堅国保千葉県支部
の旗開きに参加。

終了後、時間があったので、千葉三越で開かれている
「千葉県フラワーフェスティバル」に足を運びました。

千葉三越展1

千葉三越2
鋸南町の水仙
鋸南町のカーネーション
こちらも鋸南町のカーネーション

千葉三越3
県内各地からいろとりどりの切り花や鉢植えが出展

千葉三越4
それもそのはず、千葉県の花き産出額は193億円で全国2位。
ますますの発展を県が後押ししなければなりません。

ダリアの花
めずらしいダリアの花

8日(日)は、消防出初式に参加するため、9時過ぎに外出。

出初式1
雨天が心配でしたが、予定どおり岩名運動公園の球戯場で決行。

組合消防職員と消防団員の450名が参加。

出初式
市職の団長さんもがんばっています。

出初式2

出初式3

昨年は熊本・鳥取の地震に加え、年末には糸魚川の大火災など
予想だにしない災害が続きました。
今年も市民の生命・財産を守るため、ご尽力をお願いします。

今日9日(月)は、成人式。
佐倉音楽ホールで3部形式で開かれました。

今年の新成人は、例年以上に「大人しい」!
多少やんちゃな姿も見かけましたが、30分の式典中、
スピーカーの話に静かに耳を傾けていました。

成人式

成人式3
平和を語るわらび市長

平成7年に佐倉市が平和都市宣言をし、新成人が生まれた翌年8年から
市内の中学生を被爆地広島や長崎市に平和使節団として派遣してきた
こと、昨年は佐倉で平和市長会議を開催したこと等を踏まえ、
日常の人権感覚や身近な人への思いやりから世界平和につながると
いう市長のあいさつでした。
とても良いメッセージだったと思います。

成人式2

私もお祝いの言葉を述べさせていただきましたが、いつも成人式の
あいさつでは何を伝えればいいのか、迷います。

もちろん偉そうなことを言うことはありませんが、飾らない言葉で
同じ世代の子を持つ母親としての思いを伝えようと思いました。
でも、なかなかうまく話せないものです。
新成人の皆さんに受け取ってもらえたかどうか…。
私も成人した時の気持ちに戻って、精進します!!




カテゴリ: あれこれ

Trackback: --   Comment: --