プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(菜の花))

県立佐原病院へ 

4月25日(月)

会派メンバーと県立佐原病院を視察。
こちらには東日本大震災後の5年前に訪ね、旧手術室をはじめ
凄まじかった当時の状況を小林先生からお聞きして以来です。

今回は月曜日の午前中という超多忙な時間帯にご都合をつけて
いただき、小林院長先生も外来診療から駆けつけてくださいました。
改めて、感謝申しあげます。

林事務局長から職員の配置状況や決算状況、患者数の推移等について
のご説明を受け、小林先生と意見交換をさせていただきました。

昨年度から常勤医師数が4人減って16人となり、非常勤パート医
40~50人で診療科を継続しているが、脳外科医の欠員により
救急を引き受けられなくなるケースも出てきているとのこと。

また、高齢化・人口減少が進む当地域のニーズ、佐原病院の医療機能に
ついて、地域包括ケア病床の導入や在宅医療の充実に向けて
ビジョンを描き、具体的に進められていることが分かりました。

さらに訪問看護については、大坂美穂看護局長からお話があり
訪問看護室の11名の看護師が地域の開業医とも連携し、
24時間体制で対応しています。
年間の看取りは20件程度で増加傾向。

平成17年4月から事業規模を拡大し、現在「訪問看護ステーションさわら」
と「居宅介護支援事業所さわら」の開設に向けた手続きを進めています。
昨年度には「訪問看護香取会」を立ち上げ、他の看護ステーション6か所と
定期的に勉強会を開催。
地域の訪問看護師への教育・指導など、公的セクターとして
大きな役割を果たしています。

新たに始まる総合診療専門医の養成研修プログラムの受け入れ先とも
なるそうですが、ぜひとも研修医に定着してほしいものです。
小林先生、そして現場の皆さんの原動力で、ここ佐原に
千葉県の地域医療のモデル、地域包括ケアの拠点病院を
築いていただきたいと思います。
私たちも佐原病院の発展を後押ししていきます。

そのためにも、遅れに遅れている本館の耐震化(IS値0.43)、
改築は、待ったなしです。

いつもにこやかな小林院長先生と
佐原病院にて

その後、新しく建設された手術棟を見学
手術棟1

手術棟2
手術をされる先生たちも快適とのこと

次は、別棟の訪問看護室へ。

訪問看護室
あれ?薬局?

訪問看護室2

写真を撮っていると、ちょうど画面左の高齢女性が「薬局ですか?」
と入っていかれました。

看護局長・訪問看護師さんたちと

写真中ほどの白衣姿が大坂看護局長、ピンクの方々が訪問看護師さん。
皆さんパワフルで心強い限りです。
現場の皆さんの声を生かす医療行政こそ、私たち県民の願いです。

佐原病院の皆様、お忙しいところご教示いただき、
ありがとうございました!!

カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

なぜ開通しない?千葉ニュータウン北環状線 

2月18日(木)

甘利前経済再生担当相の金銭授受問題で一躍有名になってしまった
白井市の千葉ニュータウン開発。
開発に伴う県道(千葉NT北環状線)については、都市再生機構(UR)
が本来の管理者である千葉県に代わって、特定公共事業として
整備を進めてきました。

しかし、この土地を昭和45年に県企業庁が用地買収後、55~59年度頃
にかけて、元地権者が買収土地を含めた周辺を産廃で埋め立ててしまい
未だに撤去されず、道路工事もストップしたまま。

一昨年9月議会の商工労働常任委員会で山本友子委員が
この問題について、言及しました。
すなわちこの場所にある3万トンの産廃を除去する工事を30億円規模で
行わなければならなくなったのか?
その経緯は、納得がいくものではありませんでした。

甘利問題とは別に、この道路がいったい今どうなっているのか?
先日、会派メンバーで担当課からヒアリングもしましたが、
知りたい情報は提供されない状況です。

そこで、今朝はユーカリが丘駅での小西ひろゆきさんの駅頭を終え、
午前10時過ぎに山本友子さんを京成佐倉駅でピックアップ。
一路白井へ。

ここが、白井市清戸の現場
清戸1

清戸2
数百m奥でぷっつりと途切れた道路

途切れた道路の対岸に目を向けると…
清戸4

巨大な構台がそびえ立ち、産廃台地が出現。
あたりからは異様な匂いが…。

清戸3

そもそもこの産廃処理は27年度中に完了予定ですが、現在、補償問題で
暗礁に乗り上げています。

清戸5

別な角度からは、擁壁工事の杭打機が見えます。
地元住民は、道路の早期開通を望んでいます。
どうしたら、事態を打開できるのか?

適正な価格での工事執行となるよう徹底した情報公開を基本に
縦割りで互いに責任回避するのではなく、オール県庁で解決すべきです。

帰る道すがら、旧印旛村にある印旛学舎のオソロク倶楽部へ
オソロククラブ

オソロク倶楽部2

明るい店内で障害のあるスタッフがいつもいきいきと働いています。
創始者である菊池先生は、佐倉在住です。
カンボジアなど海外での支援活動にも熱心に取り組まれています。
お忙しい身なので、ここ最近はお目にかかっていません。

オソロク倶楽部3
石窯ピザも絶品!

森のアトリエ
食後は、お隣のアトリエへ

クロッカス
庭のクロッカス

小梅
小梅の枝

少しだけ春を先取りしました。

オソロク倶楽部の庭

いつまでもゆったりとした時間を過ごしていたかったのですが
さくらネット通信の地域配布を今日中に終えるべく
後ろ髪を引かれる思いで帰路につきました。


カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

千葉県生涯大学校&東葛定時制高校へ 

2月15日(月)

午後2時に流山にある生涯大学校に到着。

生涯大学校

生涯大学校の話は、会派メンバーである流山の小宮さんから話を
聞いていました。
しかし、地元佐倉に生涯大学校はないため、これまでは無縁の存在でした。
県の行革の流れで一時は廃止もありとなっていましたが、
引き続き今後のあり方について議論がなされています。

東葛飾学園の河野学園長に出迎えていただき、早速地域活動学部の
「学級自主講座」の授業、漢詩・漢文入門の教室にお邪魔しました。
小宮さん、山本さんと漢学者の丹治喬山先生(東洋大学国際地域学部)
から、「漢文とシソウ」「典故」や「論語」について、とても興味深いお話を
伺うことができました。

とても「深い」内容だったのですが、漢文を学ぶと三つのシソウが養われる。
1.思想 2.志操(かくあるべきという志、多様な価値観) 
3.詞藻(語彙の豊かさ、表現力)というお話が特に印象的でした。

お話も面白く個性溢れる丹治先生。
書ききれないので省略しますが
「昔の人の心は深い。現代の進歩に懐疑的になる」とは丹治先生の談。
教養を深めることの意味を再確認することができました。

その後、地域活動学部の9人の方々と1時間ほど意見交換。
県からは高齢者福祉課の職員さんが二人同席し、
熱心に耳を傾けていました。

なぜ生涯大学校で学んでいるのか、現在のカリキュラムはどうか
地域でどのような活動をしているのか等々、忌憚ないご意見を
伺うことができ、とても有意義でした。
全員男性でしたが、今後の地域社会への思いやご自身の生き方に
真摯な姿に学ぶところ大で、行動力のある素敵な方々ばかりでした。
女性の参加者がいなかったのが、ちょっと残念でした。

最後に記念写真(全員ではありませんが)
生涯大学校にて

生涯大学校を後にし、急ぎ柏にある東葛高校へ。
東葛高校

こちらには3.4年前に「中高一貫校」導入の聞き取りで
一度お邪魔したことがあります。
南門を入ると今年4月開校となる中学校の立派な校舎が完成していました。
中学校校舎

約束の夕方5時ぎりぎりの到着となってしまいましたが
須田校長先生、三木副校長先生から定時制高校のご説明をいただきました。

今の時期は、3・4年生が卒業時期なので1・2年生の授業が中心とのこと。
生徒たちの就労状況はどうですか?と尋ねると
正規は3人、常勤アルバイトが80~90人、アルバイトが40~50人
何もしていないが70~80人とのこと。
卒業後については、大学・専門学校進学が47人中12人、
新規就職が11人、その他現在の仕事を継続や決まっていない等。
予想以上に安定した仕事に就くことが難しい現実を目の当たりにしました。

夜間定時制の時間割は、1限が午後5時10分~4限の午後8時55分まで。
2限目の午後6時の授業を見せてもらいました。

こちらは1年生の数学Ⅰの授業風景
数学Ⅰ

紅一点の女学生がはきはき正解を答えていました。

次は、探究世界史の授業
世界史

こちらは、科学と人間生活の授業
科学と人間生活

オーストラリアで起こる「モーニンググローリー」と呼ばれる雲の発生
メカニズムやアインシュタインが予言した「動力波」についてなど
実生活に密着した事柄を生徒たちに親しみやすく問いかけていた先生と
それにぶっきらぼうに、でも関心を向けて答えていた生徒とのやり取りが
ほのぼのとしていて、とても暖かい授業でした。

最後に体育の授業
体育

バレーボール、バスケ、バトミントン、卓球など、思いきり身体を動かしています。
そのほとんどが10代の子どもたちです。

2限が終わり、午後6時45分からが夕食の時間です。
生徒より一足早く私たちは、給食室に移動。
給食室

昨年4月からの給食廃止により、コンビニの出張販売となった様子を見学
することが一番の目的でした。

コンビニ弁当
学校近くのコンビニからいろいろな種類の商品が並べられましたが
やはりバランスの良い食事にするためには、800円ほどかかりそうです。

数学の授業で活発に答えていた女の子はスープを購入。
電子レンジで温めているときに話しかけ、いろいろと教えてもらいました。

肉食系

このような肉食系も人気があるとのことですが、これだけではバランスが
とれた食事にはなりません。
食べ盛りの子どもたちの身体にも心にも栄養を与えられるような給食に
勝るものはないのでは?

子どもたちが商品を手に取り、購入している様子
コンビニ購入

何を買っていったのか、遠目で確認してみましたが、おにぎり1個だけ、
唐揚げ1個だけという男の子も少なくなく、給食室で食べていたのは
わずか2・3人だけ。

食堂

かつては暖かい給食を生徒や先生が一緒にわいわいがやがやと
食べていた風景写真を見たことがある給食室。
その広い部屋は閑散とし、冷え切っていました…。

その後、子どもたちのいる教室も見せてもらいましたが
友達とおしゃべりしながら食事する姿がある中、机につっぷして寝ている
子どもたちの姿も少なからず目にしました。

仕事で疲れているのかな?
この後、晩御飯は食べれるのだろうか?
その姿が頭から離れず、このブログを書いています。
あの給食室は今年4月から新しくできる県立東葛中学の子どもたちが
使い、デリバリーの給食が出されるとのことです。

中学生と夜間高校生の接点は時間的にもカリキュラム的にも
ないかもしれません。
でも、新しくできた立派な中学校の校舎と体育館は
夜間高校の子どもたちにどのように映っているのでしょうか?
この千葉県で希望格差社会をつくってはならない。
そのためにも、夜間定時制高校の給食は全面的に復活すべきだと
強く思います。

カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

八ッ場ダムは今(続編) 

1月25日八ッ場ダム現地視察記

国交省現地事務所による案内は左岸作業ヤードで終了。
その後、地質の専門家である中山俊雄さんの案内で川原畑地区へ。

地質の専門家と

ダム貯水池周辺のこの地区は熱水変質帯が広く分布しており
地滑りがすでに起っています。

地すべり1
茂四郎トンネルの西側の付け替え国道では縁石の亀裂が広がっており
一昨年から群馬県の委託で地滑り調査が行われていますが、
結果は明らかにされていません。

地すべり2
地滑り対策で打ち込まれたアンカーボルトが赤茶色に変色しています。

遺跡

次に、天明の浅間山噴火の泥流に飲み込まれ、当時の暮らしがタイムカプセル
として発掘された貴重な遺構の地を訪れました。
前回訪れたのは春で発掘作業が行われていましたが
今は、だれ一人いない雪の原でした。

ダンプカーの往来
住民が生活道路としていた県道は工事のため閉鎖され
時折ダンプカーが往来していました。

雪原
真田道を辿りながら、重い足取りでバスに戻りました。

次に向かったのは、王湯。
王湯1
川原湯温泉移転に伴い、すでに閉鎖されてしまいました。

王湯2
温泉の匂いが漂い、下を覗くと湯気が湧き上がっています。
この源泉は関東屈指の泉質と言われていただけあって、本当に無念…。
地方創生どころか、地方破壊です。

王湯
水没予定地の長野原町はかつて(1979年)は340世帯でしたが
昨年3月末時点では、わずか4世帯。
その多くは移転代替地ではなく他地区へ転出し、移転代替地に移ったのは
わずか86世帯(外部からの流入を含む)とのこと。

ベルトコンベア
車窓から見えた大柏木トンネル

中に全長約10キロにわたり、ベルトコンベヤーが走っているとのこと。

新川原湯駅
新川原湯駅

ダム本体の完成は2018年度中、試験湛水は2019年度から始め
2020年3月にダム完成の予定となっていますが、この先の事業費増額は
必至です。

2011年度国交省によるダム検証の結果では
・事業費の増額分から減額分を差し引いて、33.6億円。
・追加的な地滑り対策の点検により、109.7億円。
・代替地の安全対策の点検により、39.5億円。
 合計 183億円の増額が示されました。

しかし、実際にはさらなる増額要因が見込まれます。
・地滑り対策のさらなる増額として、100億円以上?
・代替地の整備費用の負担として、80~100億円
・東京電力水力発電所への減電保障費が、160~200億円以上

吾妻川

八ッ場ダム、このまま造っても大丈夫なのか?
千葉県として、ダムの安全性も国任せでは困ります。
750億円もの税金投入をし、将来世代に借金をつけ残してまで
推進すべき公共事業なのか?

国の言い分を鵜呑みにするのではなく、県自ら現地に足を運び
ダムの安全性を含めて検証すべきではないでしょうか?
引き帰すのは、まだ遅くありません。

凍てつく吾妻川を見下ろしながら、帰途につきました。


カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

八ッ場ダムは今 

2月9日(火)

早いもので、2月に入ってしまいました。
ブログの更新は滞っていますが、連日、休みなく駆け回っています!

7日(日)さくらネット総会後の議会報告会では八ッ場ダム現地視察を
報告する予定でしたが、時間が足りずに断念。

そこで、改めて先月25日(月)に1都5県議会議員のメンバーで足を運んだ
八ッ場ダム建設現場の様子を報告します。

朝8時に高崎駅を出発し、10時に現地に到着。
国交省現地事務所副所長の案内で八ッ場大橋へ。

八ッ場大橋で

角倉群馬県議が「地元住民や温泉客から夜間の発破作業の音や
振動についての苦情を聞くが、24時間体制で本体工事をしなければ
間に合わないのか?」と質問。
小宮副所長は本体工事を急いでいることは否定。
しかし、24時間体制で工事を進めている理由の説明はありませんでした。

続いて、ダムサイト右岸作業ヤードに移動。
右岸作業ヤード1

右岸側から見た左岸作業ヤード
左岸1

左岸2

川原湯地区打越代替地の下手にある国の名勝・吾妻渓谷の最上流部
にダムサイト右岸の作業ヤードがつくられています。
この作業ヤードの下にかつてあった遊歩道は基礎岩盤の掘削工事に
より消失し、見るも無残な姿が目の前に広がっていました。

左岸3

吾妻川の河床を挟んだ正面の左岸ヤードでは、コンクリート製造プラント
が設置され、岸壁の上部はコンクリートが吹き付けられていました。

1970年の国会答弁でダムサイト岩盤崩壊の危険性を指摘された場所
であり、熱水変質帯という地層の露出を見て取ることができました。
寒さと恐ろしさで身震いしました。

続いて、左岸側にバスで移動。
骨材ビン
左岸作業ヤードの骨材ビン

こちらでは重機が稼働中のため、車中で説明を受けました。

画面中央のカーテン奥が、リムグラウトトンネル
リムグラウトトンネル

ダムサイトの予定地の両岸では、昨年9月からリムグラウトトンネルの
掘削工事が進められ、グラウチングと呼ばれる地盤改良を実施中。
ダムを支える岩盤の隙間にコンクリートミルクを注入し補強したり
貯水時に水漏れをしないようにする工事であり、両岸合わせて
約300mのトンネルを掘ることになっています。

当初計画でダム本体工事のコンクリート量は160万㎥でしたが、
2007年のコスト縮減技術委員会の報告に基づき、
91万㎥(-43%)に削減。

同行した地質の専門家によると、2007年の地質調査報告では左岸は
右岸に比べて亀裂は少なくルジオン値(透水性)が小さいとされていた
ところが、2013年の調査報告書では、新たな変質帯と高ルジオン帯が
見つかり、両岸共にリムトンネルを掘りグラウチングが必要という評価が
出されているとのこと。

今後、グランチング計画を継続的に見直す必要があり、そのためのコスト増
の可能性もある、予想以上に時間がかかるとの見通しが示されました。

無駄な公共事業に湯水のごとく税金が投入されようとしていますが、
そんな財政的余裕など国も県もないはずです。
公共事業ありき、ダム利権で犠牲になった現地住民と美しい自然環境。
寒さと怒りで身体が震えました。

(この項、続く)



カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --