プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(シュウメイギク)

ご当地電力ってなに? 

12月16日(日)

脱原発世界会議2のシンポジウム「自然エネルギーと分散型社会への
道筋はこれだ」に参加。
ドイツから来られたグリンピースのトーマス・ブリュアーさん、
国際持続可能性分析戦略研究所のウヴェ・フリーシェさんはじめ、
国内からも山形や美浜原発からの報告があり、とても充実した内容だった。

なかでも興味深かったのは、小田原市長加藤憲一さんのお話。
福島原発事故が小田原に与えた影響は大きく、足柄茶から放射性物質が
検出されたり、かまぼこなどの売り上げが大きく減少するなどの被害が
あったとのこと。
もともと資源豊かで小水力発電もしていた地域であり、クリーンエネル
ギーの可能性を探ろうと、行政戦略アドバイザーをお願いしている
飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所)からアドバイスを受け、
「小田原電力」の設立に向けて取り組むことになったそうだ。

DSCN0172.jpg
プレゼンに熱が入る48歳の若き首長

今年7月に小田原市と民間企業で「再生可能エネルギー事業化検討協議会」
を立ち上げ、地元のかまぼこ会社の社長が会長を務める。
公共施設の屋根がしソーラなどの太陽光発電を皮切りに、小水力発電や
バイオマスなど「創エネ」とともに、「省エネ」も進めていくとのこと。
今月20日にも記者会見を行い、太陽光発電事業会社を設立には20社が出資
する予定で市民ファンドも呼びかけるそうだ。
二宮尊徳の出身地にちなみ、「報徳エネルギー」と命名するとか。
立ち上げ当初の配当は、かまぼこや干物といった現物支給もありと
ユニークな試みをお聞きした。
ぜひ今度、現地を訪れてみたい。

パネリストの報告の後は、質疑応答を含むディスカッションがテンポ良く
進められ、あっという間の2時間が経過。
DSCN0174.jpg

脱原発に向けてエネルギーの分散化、地域自立、地産地消とはいうが、
実際に進めている地域はまだまだ少ない。
このシンポジウムでは、まずは地域で人と人が話し合う場をつくり、
ネットワークをつくっていくことが初めの一歩であるということが
分かった。
先進事例を学び、自分がどのような役割を担い、具体的に何ができるのか、
情報共有しながら、これからじっくりと考えてみたい。

カテゴリ: 未分類

Trackback: --   Comment: --