プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(菜の花))

千葉県消防学校へ 

9月4日(火)

会派のメンバーと千葉市中央区仁戸名町にある消防学校に伺った。
このエリアはがんセンターや特別支援学校ほか、県の施設が集まっている。
幹線道路から脇道に進んでいき、消防学校に到着。

消防学校
これが、築41年の本館です。

老朽化した消防学校の建替え・移転が課題となっているため、
実際に現場を見せていただこうと今回、視察をお願いした。

2階にある教室で今関校長、鈴木副校長にご説明いただく。
県内各地に採用された消防職員は必ずこちらで6ヶ月間の初任教育を
受けることになっていて、前期は130人、後期は100人が受講するそうだ。
団塊世代の大量退職により、ここ2~3年が採用のピークとのこと。

3階に上がり、実際に研修を受けている様子をそっと見せていただいた。
研修中

123人の消防士さんたちが両脇に設置された手づくりのスクリーンを
熱心にのぞきながら、授業を受けていた。
大画面スクリーンが欲しいところだ。

寄宿舎に移動し、案内していただく。
寮室
レトロ感が漂う木製の2段ベッドや机が並べられ、10人が生活している。
こちらも老朽化が激しく、耐震数値のIS値は0.54。
本館も0.34ということで、建て替えは急務だ。

昭和60年に増築した新寮棟へ
診寮棟
パイプベッドより、木製のベッドの方が温かみがあるような…。

外の敷地を案内していただく
グランド
10時前に降った集中豪雨で砂地のグランドには水たまりが。
全天候型のグランドが欲しいところだ。

建物の老朽化ばかりではなく、訓練施設も不足しているとのこと。
高層化するビルやマンションが増えているが、これまでの救助方法
では対応できず、ヘリコプターを使っての救助になる。
そのための訓練も必要だ。

また、昨年の大震災では消防職員や消防団が大活躍したが、
これからはガレキ除去など従来の任務を超えた役割が
求められてくるだろう。
また、救急科のニーズも増えており、実習室も必要になってくる。

体育館に入ると、レトロな消防車が展示してあった。
レトロ消防車
マニアが見たら、さぞかし喜ぶだろう。

2階に上がると、筋力マシンが
体力マシーン
こちらもレトロな雰囲気

女性消防職員のなかには、男性顔負けの体力の持ち主いらっしゃるとか。
設置当初は女性を想定していなかったので、女子トイレもなかったが、
今では女性専用のお風呂や洗濯室もある。
部屋は10人一部屋だったが、8人の女性が研修を受けておられた。
さまざまな分野に女性の参画が進むことは、本当に嬉しい。

最後に、ピカピカの消防車の前で所長・副所長と
所長らと

丁寧にご説明いただき、ありがとうございました!

カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --