プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(シュウメイギク)

児童相談所を訪ねて(その2) 

8月21日(火)

中央児童相談所を後にし、千葉から総武線に乗り、本八幡駅で下車。
児童家庭課の曽我部副課長の先導で、市川児童相談所に到着。
おかげさまでぎりぎり約束の時間に間に合った。

こちらは先ほどと打って変って、新しく立派な建物。
8年前に新築移転したようだ。
西村所長が市川児童相談所エリアの実情について、
詳しく説明してくださった。

こちらのエリアは、船橋、市川、鎌ヶ谷、浦安の4市で、
都市部の人口密集地域を担当している。
特に児童虐待については、7月31日現在369件で、
前年度同時期の208件と比較して急増している。
昨年度は1年間で673件だったが、このままでは1000件を超えてしまうかも
しれないとのこと。

特に衝撃だったのは、DVが関係する相談件数が今年度4か月間で86件。
昨年度は1年間で98件だったということからも、深刻さがうかがえる。
DⅤは子どもにとっても深い心の傷となり、心理的な虐待となる。
DⅤは個人的な原因はさることながら、貧困の拡大、孤立化する育児など
社会経済的環境の悪化が背景にあることも忘れてはならない。
だからこそ、子どもや弱い者がはけ口となることを社会的に何とか
しなければならないのだ。

館内を案内を案内していただいた。
ここは、子どもたちのプレイルーム
プレイルーム
トランポリンをはじめ、いろいろな遊具があり、明るい環境。

次は、隣り棟にある一時保護所の様子を見せていただいた。
現在、20名の子どもたちが24時間こちらで生活している。
22年度は虐待で入所している子どもが56%、
非行による子どもが16%とのこと。
年齢的にも乳幼児から19歳の大きな子どもまで、こちらで生活している。
さまざまな境遇の子どもたちが同じ屋根の下で暮らし、
それを支える職員の方々のご苦労はさぞかしだと思う。

こちらは、学習室
CIMG0888.jpg

一時保護所から学校へは通えないので、午前中はこの部屋で勉強をして
いるそうだ。
中には1年間もこちらで暮らしている子どももいると聞いたが、
当たり前に学校に通ったり、友達と遊べる日常生活から切り離された
子どもたちはどんなに不安なことだろうか。
大変な生活を送っている子どもたちにより良い生活環境を提供し、
最大限にサポートすることが社会的役割だと改めて感じた。

市川の施設は街中の住宅街にあるため、屋外のスペースが狭い。
こちらの中庭では小さい子どもたちが遊び、敷地内の外周をマラソン
の練習で走る子どももいるそうだ。
CIMG0886.jpg

暑い一日、小さい子どもたちがビニールプールで遊んだのだろう。
物干し竿には濡れた水着がかけられていた。
全ての子どもたちに幸せな子ども時代を過ごさせてあげたい。
この思いは思想信条、党派を超えて共有できるものだと思う。

CIMG0890.jpg

2つの児童相談所にお邪魔し、現場で奮闘しておられる様子を
つぶさに拝見し、大変勉強になりました。
職員の皆さん、ありがとうございました。

カテゴリ: 調査活動

Trackback: --   Comment: --