プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(ひまわり))

生活保護バッシングの行方は 

8月19日(日)

巷のお盆休みも今日が最終日。
今年は9連休の人も多かったようです。
私は、予算要望その他もろもろの話し合いや会議、情報紙や外部機関紙の
原稿書き、頼まれごとで結構忙しく、残念ながら里帰りはできませんでした。
とはいえ、忙中閑あり。
友人と出かけてリフレッシュしました。

今日の午後は、市民ネット千葉県主催で生活保護の学習会(船橋市民会館)
講師は、NPO法人自立生活サポートセンター・もやいの代表理事の
稲葉剛さんです。

今年5月、お笑い芸人の母親の生活保護受給が週刊誌に取り上げられ、
テレビ等マスコミが大々的に報じました。
その後、片山さつき自民党議員などが騒ぎ出し、「不正受給」ではない
にも拘らず、当の芸人が謝罪会見をする顛末となりました。
この事件をきっかけに、扶養義務の強化を主張する声が高まってきて
います。
その上、小宮山厚労大臣までが「扶養義務者が扶養できない場合は
扶養できないという証明を出してもらう」と国会で発言しています。

しかし、稲葉さんによると、このことは60年前に時計の針を逆戻り
させる間違った法解釈で本来ありえないということ。
というのは、生活保護法は1946年に制定されたが、その4年後に改正
された1950年の新法では、旧法にあった「扶養義務を果たせる親族が
存在する場合は保護を受けられない」という欠格条項がなくなりました。
それなのに、ここにきて扶養義務を強化する狙いは、年々増加の一途
をたどる生活保護の受給率を少なくしようとの新たな「水際作戦」か?

90年代からホームレスが増加し、初めは中年の男性が中心だったが、
2005年以降は20~30代の若者が増え、2008年9月のリーマンショック
以降、「もやい」での相談件数も3倍に膨れ上がったとのこと。
現在も年間900世帯近くが来所し、その3割程度が30代以下だそうです。
特に昨年の震災後は、年齢の幅も18才から82才と広がり、女性や家族
での来所が増えてきているとのことです。

2007年の社会保障実態調査によると、
「過去1年間に家族が必要とする食料が変えなかったことがある」のは、
よくあった2.5%、ときどき4.5%、まれに8.6%を合わせて15.6%

生活保護を打ち切られたことによる餓死孤立死も各地で起こり、
貧困のステージは次の段階に入ってきたと稲葉さん。

生活保護は憲法25条に明記された生存権、健康で文化的な最低生活を
保障するための制度であるにもかかわらず、そのことが社会的に広く
理解されていないのが現状です。
稲葉さんのお話の後、生活保護を受給しているMさんがこれまでの
心境や制度への思いを語って下さいました。

精神疾患のため、仕事を辞めざるをえなくなり、生活保護を申請。
初めは生活保護を受給していることを隠してきましたが、
それだけ周囲からの差別や偏見が強かったということ。
負い目を感じながらの生活は、二重に苦しかったと思います。
「もやい」の戸を叩くことで家族に代わる居場所ができ、
共感してくれる仲間とのつながりが、前向きに生きる力、エネルギー
を与えてくれたと話してくれました。
昨年8月からスタートしたデモには、刺繍を施した手作りの横断幕を
掲げて参加したと実物を見せてもらいました。
「自分らしく生きるための生活保護を守ろう」
「守る 伝える 生活保護 本当の意味を」
ひと針ひと針思いを込めて、仕上げたそうです。

平均所得が低下し、6~7人に1人の子どもが貧困という日本社会。
雇用破壊、DⅤ被害や児童虐待、貧困の世代連鎖など、さまざまな
課題が山積しています。
人が人らしく生きる「権利」としてのセーフティネットをどうつくるか、
自分が与えられた持ち場で何ができるか、まずは現状を調査把握し、
改善や新たな政策提案に向けて取り組んでいきたいと思います。

ご参考まで、下記の情報もご覧ください。

「自立生活サポートセンター・もやい」はこちらから↓
http://www.moyai.net/?tmid=30
*日弁連が生活保護Q&Aパンフレットを発行した情報も掲載されています。 

カテゴリ: 講演会報告

Trackback: --   Comment: --