プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(ひまわり))

袖ヶ浦福祉センター・木更津東高校へ 

5月11日(水)

連休明けの今週は、県内各所への視察スケジュールが目白押し。

5月27日に開会する6月議会での一般質問に向けて
実際に現場を訪ね、関係者の方々から生の声をお聞きしています。
来週からの勉強会ではさまざまなテーマでヒアリングする予定ですが
一般質問の持ち時間1時間の中ですべてを取りあげることはできません。
でも、この機会にできるだけの調査をし、政策提案・実現に
つなげていきたいと思います。

9日(月)
午前中、障害福祉課から袖ヶ浦福祉センター改革の取り組み状況や
グループホーム、地域移行の現状などをヒアリング。
その後、会派メンバーと市原・木更津の市議たちと現地へ。

袖ヶ浦福祉センターで19才の男性が虐待暴行死した事件があったのは
2013年11月のこと。
当時、私は健康福祉常任委員会の所属でしたが、その第一報を
会派室で受け、衝撃で身体が震えたのを鮮明に覚えています。

その後、施設を管理運営していた千葉県社会福祉事業団の幹部は
全員退任し、いまは民間の社会福祉法人からこられた役員が
改革を進めています。

今年4月に就任された相馬理事長をはじめ、新たな施設長さんたちに
お話をお聞きし、案内していただきました。

更生園
更生園ひのき寮にて

建物が老朽化しているため、部屋も暗い印象です。
男性12人が暮らしていますが、高齢化して認知症になる方もいて
医療や介護のケアが必要とされています。

養育園にて
こちらは、事件のあった養育園の共通スペース

昨年、環境改善のための工事が行われ、
以前訪れた時よりも明るい空間となっていました。

相馬理事長の下、利用者本位の視点で環境改善が進められている
様子が感じられました。
29年度までの集中改革期間後のあり方について
現在、検討されているところです。
どのような方向性が利用者にとって望ましいのか、
とりわけ支援の難しい強度行動障害のある方への支援体制や県全体の
障害者福祉のあり方について議論を深めていく必要があります。

相馬理事長さんと

その後、近隣のふる里学舎「蔵波」へ。
昨年度まで事業団が運営していた「アドバンスながうら」を
社会福祉法人佑啓会に民間移譲し、今年4月から再スタート。

里見理事長からご説明を受け、案内していただきました。
建物の室内はかび臭く、そのままでは使えない状態。
職員さんたちが毎日部屋を片付け、掃除し、ペンキまで塗って
ようやく使えるようになったそうです。

県の管理の悪さで使えない部屋もたくさん
蔵波にて

新しく始める児童デイも手づくりで改造中
蔵波2

ご苦労の一端を見ることができました。

袖ヶ浦を後にし、夕方5時ちょうどに木更津東高校に到着。
木更津東高校

昨年度から夜間定時制高校の給食が2校で「試行的廃止」され
今年度からこの木更津東高校も含めて、5校に拡大。
東葛高校に続き、どのような状況になっているのかを見学しました。

こちらでは5時からが給食の時間ということで、早速食堂へ
食堂1

明るくて広いスペースですが、生徒さんはまばら…。
いつも5~10人程度しか利用していないとのこと。

コンビニ販売の商品が並んでいました。
コンビニ給食

毎日このような食事では、栄養も偏ります。
やっぱり温かくておいしい給食が子どもたちには必要です。
昨年度までは学校の栄養教諭が栄養バランスのとれたメニュー考え、
仕出し弁当店に学校給食を頼んでいたそうです。

後ろには、立派な給食室が…
給食室

これを使わない方がよっぽど県有財産の損失ではないでしょうか。

校長室に戻り、県の学校安全保健課の職員さんたち同席のもと
池谷教頭先生とからお話を伺いました。
話をしているうちに、今回の理不尽な給食廃止に怒りがこみ上げ
思わずヒートアップ!

いったい誰がこれを起案したのか?
行革セクション?財政当局?はたまた所管課なのか?
「県です」という曖昧かつ責任所在も不明確ではすまされません。
まして「試行的廃止」という訳のわからない日本語で事実上廃止するなど
およそ教育を預かるセクションの対応とはいえません。

同行していた木更津市議の田中さんは、10年前に娘さんがこの学校の
普通科に通い、PTA会長も務めていました。
定時制高校に通う子どもたちにとって、いかに給食が大切かと
実体験から訴えていました。

こちらの定時制でも、授業料無償化を受ける就学支援金の利用状況は、
65人中60人とのこと。
ほとんどの生徒たちはアルバイトなど何らかの形で働いているそうです。

県教委は「社会的状況が変わり、給食の必要性が薄れた」などと
理屈をつけていますが、子どもの貧困は拡大しているのです。
教育的視点で給食を捉えかえす必要があります。
この続きは、6月議会で!



カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --