プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(はすの花))

「ちさと」訪問 

8月21日(金)

束の間のお盆休みも終わり、夏も最終盤を迎えています。
昨日は甲子園で高校野球の決勝戦。
郷里の仙台育英高校が善戦したものの、惜しくも準優勝。
リアルタイムで観戦できませんでしたが、懸命に白球を追う選手の姿は
いつの時代も清々しいものです。

先週は5日間ほど実家の仙台に帰省し、のんびり過ごしました。
休み明けの今週は、県ネット情報紙の原稿書きや編集会議等で大忙し。
頼まれごとや政務調査もあり、久しぶりに県庁に向かいました。
デスクの上があっという間に書類の山になっています…。

昨日は、千葉性暴力被害支援センター「ちさと」を訪問。
昨年7月、性暴力の被害を受けた女性や家族のためのワンストップ
支援センターとして設立し、女性の産婦人科医と支援員の方々が
被害者に寄り添った診療や相談を受けています。

国立病院機構千葉医療センターへ
千葉医療センター

理事長の大川玲子医師、副理事長の千葉大後藤弘子先生に
ご案内いただきました。
お二人とも3年前に突然廃止された県のDV防止・被害者支援計画の
進捗管理委員会のメンバーで、当時、ご一緒に「DV施策が後退する」
と危機感を持ち、県に撤回を求めて抗議したこともあります。

産婦人科の待合室
産婦人科

診察室
大川先生が緊急時の診察手順を説明

その後、ちさとの相談・支援拠点に移動しました。

ちさと2
静かでほっとできるスペース

千葉県の昨年度の強姦認知件数は80件。
しかし、これは氷山の一角ともいえる数なのです。
被害にあっても、警察に届けなかったり、起訴しないケースが
圧倒的に多いためです。

県警からの紹介により、これまでちさとがサポートしたのは、10件。
まだまだ支援を必要としている被害者がいるはずです。

支援員の養成や医師のネットワーク化、財政基盤の問題など
さまざまな課題があることが分かりました。

ちさと3

昨年6月に発表された内閣府の調査では、ワンストップ支援センターは
県レベルでは佐賀、和歌山、沖縄県など、準備中も含めて
全国でわずか3~4箇所。

国では各県1箇所の設置を求めています。
先行事例について、さらに詳しく調査し、千葉県でも
機能強化していかなければなりません。

ちさとの皆さん、お忙しいところご教示いただき、
本当にありがとうございました。

カテゴリ: 未分類

Trackback: --   Comment: --