プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(はすの花))

何のための調査だったのか?! 

9月7日(土)

今日は「耕さない田んぼの会」の稲刈りの予定だったが、数日前の雨の水
が引かないため、急きょ順延となった。
稲刈りに参加できず、残念…。

ところで、今月26日に9月県議会が開会するが、今回は私が会派の
代表質問を担当する。
県議会は年に1度しか一般質問の機会が与えられない上、質問の持ち時間
1時間の代表質問は2年に一度しかめぐってこない。
というわけで、残り任期最後の代表質問となる。

5日(木)に代表質問に向けての最初の勉強会を執行部にお願いし、
朝9時半から夕方5時までびっしりと聞き取りを行った。
取り上げたいテーマも医療・福祉から行財政、利水・治水政策、
残土埋立・産廃問題等々、初めは大風呂敷を広げ、これから取捨選択
に入る。

最後にヒアリングしたのが、子宮頸がんワクチン問題。
折しも9月3日、文科省から7月末集約で行った「子宮頸がん予防
ワクチンの接種に関連した欠席等の状況調査」の結果が千葉県にも
届いた。

結果は、次のとおり。
(1)一定期間の欠席が認められる女子生徒 51名
(2)体育及び部活動を休んでいる女子生徒 21名
(3)教育活動の制限が生じた女子生徒   99名
(1)~(3)のいずれかに該当する女子生徒 171名

この調査は、6月に突然文科省が全国の国公私立中学校・高等学校や
特別支援学校などの女子生徒を対象に行ったが、24年度の1年限定
というもの。
しかし、昨日の時点では副反応被害に苦しむ子どもの保護者から
「調査を行うという情報も届かないまま、いつの間にか終わっていた。
娘たちのケースが調査結果に反映されていないのではないか」という
疑問が被害者連絡会に複数寄せられている。

いったい何のための調査だったのか?
マスコミ報道で騒がれているほど、副反応被害は少ないとでもいいたい
がための調査なのかと勘ぐりたくもなる。
現に5日の聞き取りの段階では、この文科省調査にかかわる千葉県での
被害状況は、該当者2名(県立高校1名、私立高校1名)とのこと。

しかし、健康福祉部疾病対策課の把握しているところでは、子宮頸がん
ワクチン接種が法定化された今年4月以降、県内の医療機関から17の
副反応報告が届いている。
ちなみに、佐倉市では4件の報告があり、2名未回復、2名不明とのこと。
症状は、左腕疼痛、手が挙げられずに痛む、蜂巣炎、両アキレスけん炎・
両膝関節炎ということで、一刻も早い回復を祈るばかりだ。
文科省の調査の対象は、期間も対象者も限定的なので、一概に比較でき
ないが、実態としてはかなり精密度が低い調査だったのではないか?
この結果をどのように受け止め、被害者救済につなげていくのか、
見えてこない。

また、22~24年度に接種した千葉県内の小学6年生から高校2年生の
女子生徒の数は、10万4346人とのこと。
文科省の行った「ざる」調査ではなく、接種した子どもたちすべてを
対象とする悉皆調査こそすべきではないか?
未だにワクチンによる副反応被害・体調不良という因果関係に気がつか
ないケースも多いと聞いている。

健康被害に苦しみながらも「ワクチン接種の再開をしないで」と必死に
声を上げ続けている少女たちの声に利権まみれのいわゆる「ワクチン村」
政官業学の関係者は耳をふさぎ続けるのか!

数日前、庭で発見した1匹のセミ
庭のセミ

夏の終わり、必死で鳴き続けていた姿がワクチン被害と闘う
少女たちの姿と重なった。

カテゴリ: 調査活動

Trackback: --   Comment: --