プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(シュウメイギク)

「橋下発言」の撤回と謝罪を求める抗議声明 

5月17日(金)

13日以来、「従軍慰安婦」を容認する橋下徹大阪市長の発言に対する
批判が海外からも激しく届けられている。
女性の人権を蹂躙し、とりわけアジアの女性たちの尊厳と名誉を深く
傷つけた同氏の発言は断じて認められない。
そこで、千葉県議会女性県議の会として何とか抗議声明を出せないものか
と昨夕から千葉県議会女性県議の会メンバーに働きかけた結果、
今日の午前中に7人全員の賛同を得ることができた。

急きょ作成した声明文の文案にもご意見をいただき、文言修正を
加え、正午から県庁記者クラブで会見を開いた。
記者会見のお知らせについては、昨晩中に記者クラブの幹事社が
各報道機関にファックスしてくださったおかげで、今日は多くの
記者さんにご参加いただいた。
特に女性記者さんに多く顔を出していただいたのは、嬉しいことだ。

司会進行は、小宮さん
女性県議の会

バックに張り出した横断幕は、昨晩さくらネット広報担当の猪俣さんに
お願いし、今朝早く事務所でつくってもらった。

私が声明文を読み上げ、その後はメンバーそれぞれの思いをコメントする
声明文

声明文は、以下のとおり
********************************
2013年5月17日

橋下徹大阪市長・日本維新の会共同代表による「従軍慰安婦」容認発言の
撤回と謝罪を求める抗議声明

 橋下徹大阪市長・維新の会共同代表は、5月13日の記者会見において
旧日本軍による「従軍慰安婦」問題について「慰安婦制度は必要だった」と
容認し、在沖米軍司令官に対して米兵による風俗営業の活用を促したことが
明らかになった。その後の記者会見やテレビ番組では、これらの発言に
ついて「傷ついた方がいたら申し訳ない」「表現が不適切だった」等と
弁明しているが、従軍慰安婦をめぐる一連の発言については「問題はない」
との見解を示している。
 今回の発言は、日本軍の軍事的性暴力問題がアジアの女性たちの人権を
蹂躙し、女性の尊厳と名誉を深く傷つけたという歴史認識に欠けている
ばかりか、日本軍による性暴力の被害者となった方をさらに傷つける
ものであり、人として断じて許せない暴言である。
 橋下発言に対して海外からの批判の声も日増しに高まっており、15日、
韓国外務省も「女性の尊厳を冒涜し、歴史を歪曲し、反人道的犯罪を
擁護しようとの内容で、常識以下の発言だ」と批判するとともに
「慰安婦問題は戦時下の性的暴力で重大な人権侵害だとの共通認識が
国際社会で形成されている」と指摘している。
 戦争という暴力遂行のために女性の性を利用することを容認し、
女性を道具のごとく扱う人権感覚を持つ橋下氏に公職を務める
資格はない。
 私たち千葉県議会女性県議の会は、今回の橋下発言に断固抗議し、
発言の撤回及びすべての女性、とりわけ元「従軍慰安婦」とされた
女性たちに対する心からの謝罪を強く求める。

 千葉県議会 女性県議の会


カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --