プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(雪割草))

東千葉メディカルセンターへ 

2月24日(月)

午前9時半に大網駅集合し、東金にある東千葉メディカルセンターへ。
住宅街を抜けて、現地に到着。
千葉MC1

物品搬入で業者が往来するなか、事務局のあるフロアーに通され、
平澤理事長がご説明くださった。
お忙しいなか、ありがとうございました。

今年4月1日開院を控え、ドクターは30名、看護師は135名確保
麻酔科・産婦人科は現在、招聘中とのこと。

3次救急は20床(ICUとHCUそれぞれ10床ずつ)で救急対応の
医師は理事長を含めて5名に加え、千葉大から3名の応援で8名体制。
これは、県内の他の3次救急でも同様の体制とか。

2次輪番については、東金病院が受け持っていた週4コマを引き継ぎ、
内科2コマ、外科2コマで早ければ5月連休明けに加わるとのこと。
このセンターの役割はあくまでも救急医療であり、1次や2次にきた
3次救急を引き受け、バックアップ機能を果たすことであるとのお話
だった。

3階に上がり、ヘリポート(画面右上)を望む
千葉MC2

千葉MC3
調理スペースもある特別室

千葉MC4
2階にある小児の処置室

外来の奥はスタッフが行き来できる廊下でつながっている
千葉MC6


2階の案内板の前で
千葉MC7

次は、1階のICUへ
千葉MC8

ドクターヘリで搬送される場合の入口
ドクターヘリ

ここがICUとHCUのあるフロア
千葉MC9

最後は高額なハイブリットオペ室
ハイブリッドオペ室

ここ東千葉メディカルセンターについては、依然として3次救急の
赤字負担をどこが担うのか、依然として結論は出ていない。
県と当センターの設立団体である東金市・九十九里町が近隣自治体に
協力を呼びかけてきたが、現段階でも話は進んでいない。
そうはいっても、開院まで秒読み段階だ。

3月末に東金病院が廃止された後、救急ではない一般診療のニーズに
どれだけこの病院は応えていけるのだろうか?
住民が待ち望んでいる地域の基幹病院となり得るのだろうか?
そんな不安を払しょくできないまま、立派な建物を後にした。

カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --