プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(桃の花))

国保の都道府県単位化でどうなる? 

7月3日(日)

昨日は久しぶりに都内へ。
大学時代の同級会で旧交を温めました。
このところ休日まったくナシの日々が続いていたので
心身ともにリフレッシュできました!

1988年に就職した私たちは「男女雇用機会均等法」3年目の世代。
集まった彼女たちは、銀行や商社に総合職として採用され
今は部長など幹部社員として、ビジネスの最前線で活躍しています。
しかし、ここに至るまでの道のりは険しかった!

安倍政権の下、「女性活躍法」がつくられましたが、今なお男性中心の
企業社会で女性が活躍することがいかに困難か。
彼女たちの苦労を知っているだけに、法律を作れば問題解決とは
ならないと声を大にしていいたいところです。

まして働く女性の6割が非正規雇用。
この雇用環境を変え、安心して働き続けられるよう正規雇用を増やす
労働法制に変えていくことこそ、女性活躍の必要条件です。
圧倒的に女性が少ない政治の場も含め、制度改革はもちろん
厚い壁となっている意識改革も必要です。

前置きが長くなりましたが、政策学習会のお知らせです。

国保の第一人者である長友薫暉(まさてる)さんを講師にお迎えし
2018年度からの国保の広域化(都道府県化単位化)について
学びます。

◆政策学習会「国保の都道府県単位化」を考える

日時 7月10日(日)9:30~11:30
会場 市民ネットワーク千葉県 4階会議室
講師 長友薫暉さん(三重短期大学教授)
参加費 無料

詳しくは、以下のHP「最新トピック」でご覧ください。
    ↓
国保の学習会

どなたでもご参加ください!

6月議会初めに議会棟入口で撮った1枚
南房総の花々

ひまわりやトルコ桔梗など、南房総の夏の花々です。

カテゴリ: 調査活動

Trackback: --   Comment: --   

利根川下流部調査見学会 

5月1日(日)

先月28日(木)は、利根川流域市民委員会メンバーで利根川下流部へ。
朝8時に佐倉を出発し、印旛水門近くの運動公園でマイクロバスに合流。
途中、スーパー堤防の発祥地「矢口」を通過しました。
これがスーパー堤防?というくらい「点」のような小規模さにびっくり!

かつては日本で最大のウナギ漁獲量があった利根川ですが、
それが今は、激減しています。
シラスウナギの乱獲などの要因もありますが、さまざまな河川工事が
ウナギの遡上・流下を妨げ、ウナギの住処を奪ってきたことも
大きな要因ともいわれています。

私たち利根川流域市民委員会では、「利根川の未来を考えるカムバック・
ウナギ・プロジェクト」を立ち上げ、ウナギが生息できる環境を取り戻す
視点から、利根川の河川としてのあり方を見直し、その改善策を
考えています。
ウナギをメルクマールにして、かつての利根川の豊かな自然を
できるだけ取り戻せるよう、過去の河川事業を見直すうねりを
創り出していきたいと思います。

まず初めに向かったのは、利根川河口堰
利根川河口堰1

水資源機構の管理所で利根川河口堰のゲート操作の説明を聞きました。
利根川河口堰2

ここでは塩分濃度に応じて調節門と制水門を操作する方法をとっており
階段式魚道に加え、2010年3月には多自然型魚道も完成。

強風と雨の中、早速現地を見学
利根川可動堰3

多自然型魚道
手前が多自然型魚道ですが、率直に言って「人工的」です。
いったいどのくらいの魚が往来しているのでしょうか?

昼食をはさんで次は常陸川水門へ。
1974年以前は平常時は水門を開放し、出水により利根川の水位が高く
逆流の恐れがある場合に水門を閉鎖していました。
それ以後は、霞ケ浦の水位上昇時に開放する操作となっていますが
閉鎖されていることが圧倒的に多いようです。

2011年度から試験運用されている魚道を見学
常陸川水門

外来種のハクレンの死体を発見
ハクレン

その後、利根川下流部の河道状況と用排水施設を見学
閘門

用水施設は排水施設を兼ねたものが多く、普段はゲートが締め切られており
ウナギが用水路へ遡上するような状態ではありません。
しかし、用排水路はほとんどが古く、これらの整備状況がウナギの減少
に関係しているとは考えにくいようです。

利根川河口堰や常陸川水門では魚類の調査も行われています。
その結果を専門家が総合的に分析し、複合的な因果関係を
解き明かしてほしいものです。

雨風の強い一日でしたが、有意義な現地調査見学となりました。
PJメンバーと


カテゴリ: 調査活動

Trackback: --   Comment: --   

堤防強化・国交省公開ヒアリング 

5月22日(木)

かねてから地元の秋本真利衆議院議員にお願いしていた国交省旧河川局
(現在は水管理・国土保全局)との公開ヒアリングが実現。

現在、利根川流域で進められている治水対策はダムやスーパー堤防が
主役で6割を占める脆弱な堤防の強化は遅々として進まず、費用対効果の
点からも大いに問題だ。

今後、急ぎ進めるべきは堤防強化であり、とりわけ想定外の大洪水にも
対応できる「耐越水堤防」の必要性とそのような堤防をつくるための技術
堤防強化工法について、国交省側と河川工学の専門家との
ディスカッションの場を設定していただいた。
公開ヒアリング1

河野太郎議員も同席
公開ヒアリング2
右手内側から治水課高橋技術調整官、国土技術政策総合研究所
河川研究部服部河川研究室長、岡本治水課課長補佐

市民側は、新潟大名誉教授(河川工学)大熊孝さんと水問題研究家の
嶋津暉之さんはじめ、十数名が傍聴参加。
公開ヒアリング3

議論の焦点は、堤防の「土堤原則」。
堤防を比較的低コストで強化できる工法(パワーブレンダー工法やTRD工法)
があるが、国交省はこれらの技術は未確立だとし、採用していない。
その根本的な考えは、「土堤原則」にあり、堤防は土で造るのが原則で
その他のもの(粘性土や混合処理・改良土)入れないということ。

しかし、日本で開発された上記の強化工法はアメリカでも実際使われている。
「国交省は最初からこれらの技術を否定するのではなく地震の時に
どの程度耐えられるのかなど検証する必要があるのではないか。
大型実験をぜひやってほしい」と大熊さん。

嶋津さんも利根川中流部右岸堤防の脆弱性(国交省調査のすべり破壊と
パイピング破壊の安全度)を示し、耐越水堤防への強化は浸透による
破堤防止の対策にもなると指摘。
江戸川下流部で進められているスーパー堤防(高規格堤防)は1メートル
当たり4000万円かかるのに対し、パワーブレンダー工法は50~100万円で
済むと訴えた。

河野・秋元両議員からもスーパー堤防は300年かかるとされている
それが完成するまで当面危ない堤防を放置していいのか
費用対効果を考えるべきではないのかとの発言があり、
引き続きこの問題に関心を持って取り組んでくださる感触を得た。

今回の話し合いはまったくの平行線ではなく共通認識が持てる場面もあり
今後につながる一歩となった。
道のりは長いが、流域住民の安全を守る真の治水対策に向けて有意義な
話し合いが持てたことに改めて感謝したい。

今日は江戸川区北小岩1丁目スーパー堤防事業の強制立ち退き問題に
苦しむ住民の方たちも参加。

昨年9月に開かれた集会に私も参加し、現地を歩いた。
江戸川スーパー堤防

立ち退きを迫られ、次々と家が壊されている
小岩1丁目立ち退き現場

江戸川スーパー堤防2

スーパー堤防の対岸は市川
江戸川スーパー堤防3

橋を渡って市川側へ
江戸川スーパー堤防4
この時案内してくださったMさんのお連れ合いが心労が重なって体調を崩し
入院されたと今日、お聞きした。
本来、人のための公共事業が人の人生まで狂わせている。
こんな現実があるのだ。

カテゴリ: 調査活動

Trackback: --   Comment: --   

ウナギはどこに行った? 

11月25日(月)

突然の話だが、シラスウナギは3年連続の不漁となり、このところ価格も
高騰している。
今年9月には水産庁がウナギ資源の回復に向けて、全国的な緊急調査を
開始した。
千葉県でも県の水産研究所が委託を受け、①利根川におけるシラスウナギ
等の来遊動向の把握②クロコウナギを標識放流し、利根川河口堰の敷設
魚道へのウナギ遡上量を推定する調査が行われる。

利根川流域市民委員会で活動を共にしている霞ヶ浦漁業研究会の
浜田篤信さんによると、利根川のダム数とウナギの漁獲量に高い相関関係
があるとのこと。
そこで、この問題について流域の漁業関係者に聞き取り調査することに
なった。
というわけで、印旛沼漁協に連絡を取り、今日は成田市北須賀にある
同事務所に足を運んだ。

午前11時前に現地に到着
印旛沼漁協1

事務所で小川組合長と事務局の瀬尾さんにお話を伺った。
小川さんによると、台湾の今年のウナギの漁獲量は昨年の100倍も
あったとか。
こちらでは12月から4月が漁期とのことだが、東庄堰や酒直水門ができて
以来、印旛沼の漁獲量は激減。
それでも毎年7月に300㎏の稚魚を放流しているそうだ。

一方、漁協ではビニールハウス内の地下水プールで稚魚を養殖している。
台湾などでは半年で大きくしているが、こちらでは1年かけて育てる「周年ウナギ」。
稚魚は満潮時に九十九里で捕まえたものだが、2kgで500万円とお高い。
1㎏あたり、5000~6000匹程度いるので、1匹あたり500円ほどになる。
どおりでお値段が高いわけだ。

印旛沼漁協5
沿道の看板にも「他とは違う周年ウナギ」とある。

また、印旛沼の天然ウナギはまったくゼロではないが、数は少なく
流通することはないそうだ。
愛知県では完全養殖に成功しているが、商業ベースにはなっていないとのこと。
ちょっと意外だが、ウナギはデリケートなので、水温が下がるなど環境が
変わるとえさを食べなくなるそうだ。

「これまでで印象的だったウナギのエピソードは?」とお聞きしたところ、
「50年前の9月、船に大量の下りウナギがあふれ、捕まえきれなかった
こと」と嬉しそうに答えてくださった小川組合長。

高崎集会2
貴重なお話をありがとうごさいました!

漁協の事務所を出ると、すぐわきにあるのが直営のレストラン
印旛沼漁協3

ちょうどお昼時ということもあり、新装開店したばかりのお店で
ウナギを注文。
生きたウナギをその場でさばくため、少々時間がかかったが、
ふっくらとした触感で味も良い。

印旛沼漁協4
鯉のあらい付きランチ

絶滅危惧種に指定されている日本ウナギ。
川の自然な流れを妨げるダムや堰などの人工構造物がウナギの生育環境
を阻害し、激減の一因になったことは確かだ。
いつの日かまた利根川に多くのウナギがカムバックできるよう
河川環境の再生を祈りつつ、感謝して美味しくいただいた。

カテゴリ: 調査活動

Trackback: --   Comment: --   

何のための調査だったのか?! 

9月7日(土)

今日は「耕さない田んぼの会」の稲刈りの予定だったが、数日前の雨の水
が引かないため、急きょ順延となった。
稲刈りに参加できず、残念…。

ところで、今月26日に9月県議会が開会するが、今回は私が会派の
代表質問を担当する。
県議会は年に1度しか一般質問の機会が与えられない上、質問の持ち時間
1時間の代表質問は2年に一度しかめぐってこない。
というわけで、残り任期最後の代表質問となる。

5日(木)に代表質問に向けての最初の勉強会を執行部にお願いし、
朝9時半から夕方5時までびっしりと聞き取りを行った。
取り上げたいテーマも医療・福祉から行財政、利水・治水政策、
残土埋立・産廃問題等々、初めは大風呂敷を広げ、これから取捨選択
に入る。

最後にヒアリングしたのが、子宮頸がんワクチン問題。
折しも9月3日、文科省から7月末集約で行った「子宮頸がん予防
ワクチンの接種に関連した欠席等の状況調査」の結果が千葉県にも
届いた。

結果は、次のとおり。
(1)一定期間の欠席が認められる女子生徒 51名
(2)体育及び部活動を休んでいる女子生徒 21名
(3)教育活動の制限が生じた女子生徒   99名
(1)~(3)のいずれかに該当する女子生徒 171名

この調査は、6月に突然文科省が全国の国公私立中学校・高等学校や
特別支援学校などの女子生徒を対象に行ったが、24年度の1年限定
というもの。
しかし、昨日の時点では副反応被害に苦しむ子どもの保護者から
「調査を行うという情報も届かないまま、いつの間にか終わっていた。
娘たちのケースが調査結果に反映されていないのではないか」という
疑問が被害者連絡会に複数寄せられている。

いったい何のための調査だったのか?
マスコミ報道で騒がれているほど、副反応被害は少ないとでもいいたい
がための調査なのかと勘ぐりたくもなる。
現に5日の聞き取りの段階では、この文科省調査にかかわる千葉県での
被害状況は、該当者2名(県立高校1名、私立高校1名)とのこと。

しかし、健康福祉部疾病対策課の把握しているところでは、子宮頸がん
ワクチン接種が法定化された今年4月以降、県内の医療機関から17の
副反応報告が届いている。
ちなみに、佐倉市では4件の報告があり、2名未回復、2名不明とのこと。
症状は、左腕疼痛、手が挙げられずに痛む、蜂巣炎、両アキレスけん炎・
両膝関節炎ということで、一刻も早い回復を祈るばかりだ。
文科省の調査の対象は、期間も対象者も限定的なので、一概に比較でき
ないが、実態としてはかなり精密度が低い調査だったのではないか?
この結果をどのように受け止め、被害者救済につなげていくのか、
見えてこない。

また、22~24年度に接種した千葉県内の小学6年生から高校2年生の
女子生徒の数は、10万4346人とのこと。
文科省の行った「ざる」調査ではなく、接種した子どもたちすべてを
対象とする悉皆調査こそすべきではないか?
未だにワクチンによる副反応被害・体調不良という因果関係に気がつか
ないケースも多いと聞いている。

健康被害に苦しみながらも「ワクチン接種の再開をしないで」と必死に
声を上げ続けている少女たちの声に利権まみれのいわゆる「ワクチン村」
政官業学の関係者は耳をふさぎ続けるのか!

数日前、庭で発見した1匹のセミ
庭のセミ

夏の終わり、必死で鳴き続けていた姿がワクチン被害と闘う
少女たちの姿と重なった。

カテゴリ: 調査活動

Trackback: --   Comment: --