プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(雪割草))

望みの門 木下記念学園へ 

8月30日(火)

昨晩から台風10号の進路に目が離せず、今日は午前中に予定していた
県庁での聞き取りを延期し、自宅で仕事を片付けることに…。

昨日は富津に新しくできた情緒障害児短期治療施設(略称:情短)に
会派の3人で訪れました。
当日は目的地を間違えてしまい、30分近く遅刻して到着し、施設の方々
や県職の皆さんには大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に申し訳ありません。

この施設は、各県におおむね一箇所以上設置されていますが、
千葉県では初めてであり、社会福祉法人「ミッドナイトミッションのぞみ会」
が今年開設。

こちらでは「総合環境療法」が行われ、子どもたちの生活面は
保育士・児童指導員が、体や心の健康面は医師・看護師、心理士が支え、
食事は栄養士・調理師が手作り、併設の学校では少人数のきめ細やかな学び
を提供しています。

今年5月1日から小・中学生が入所し、現在は8人の子どもたち(女児5人
と男児3人)が生活しています。

開設当初から地元警察署が何度も呼び出され、現場が大変になっている
との情報を得ていましたが、井本園長や西山副園長から困難を抱える
子どもたちの様子や生育歴などをつぶさにお聞きし、想像以上に厳しい
現状を目の当たりにしました。

また、この施設には、君津特別支援学校上総港分教室が併設しています。
当日は、磯部校長先生、田中教頭先生や県教委の保科指導主事、
児童家庭課からは井上副主幹も同席していただき、福祉と教育の連携、
医療的対応の難しさなど多方面での課題を認識しました。

ネグレクトや暴行などの虐待による愛着障害や素行障害が見られたり
ADHD・広汎性発達障害や抑鬱などに苦しむ子どもたちには、心理療法
だけではなく、医療的ケアが必要不可欠です。
しかし、県内における児童精神科医の数は片手ほどと非常に少なく
現在は、5人の専門ドクターが交代制で施設に来てくださっているとのこと。
佐倉にある下志津病院のドクターも協力してくださっているそうです。

また、子どもたちと24時間対応する厳しさから辞める職員も出てきている
ため、職員確保が非常に大変とのこと。
定員は30名ですが、8名入所の今でさえ、対応が厳しい現状です。
これら数々の課題に対して、法人任せにするのではなく県がしっかりと
本施設の設置目的を遂行できるようフォローしていく必要性を
痛感しました。

慌てて施設内に入ったため、外観を撮るのを忘れましたが、元は足立区の
施設「健康学園」だったとのこと。
広い敷地に園庭もあります。
2階の教室からは、歩いて2~3分の海が望めます。

望みの門

音楽教室
音楽教室

普通教室
普通教室

上総分校
時間割もあります

分校の職員室
「夢をもち 夢をかなえよう みんなで」
職員室に張り出されている教育目標です。

学習の遅れや情緒的問題がある子どもたち、一人ひとりのニーズに
応じた教育を受けられるように設置された分教室。
教科の学習とともに、自立活動(ソーシャルトレーニング)に力を入れて
子どもたちを教えています。

一方、子どもたちが暮らす施設はユニット型に分かれています。
その一部をご案内いただき、テレビなどの備品の破損状況も目にしました。
さらには強化ガラスも割られてしまったとお聞きし、
追い込まれた子どもたちのやり場のない怒り、悲鳴のようなものが感じられ、
職員の方々のご苦労に改めて頭が下がる思いでした。

この施設は、来年4月から「児童心理治療施設」と改められるとのこと。
帰宅後、「情緒障害児短期治療施設「児童心理治療施設)ネットワーク」の
HPを見つけました。
    ↓
児童心理治療施設ネットワーク

これを機に、さらに勉強したいと思います。
今後ともご教示ください。



カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

行徳野鳥観察舎へ 

6月12日(日)

8日(水)に一般質問を終え、一段落と思いきやそうはいかず、
連日、県内各地で起こっている問題について県民の皆さんが
続々と会派室に説明にこられました。

10日(金)には、会派4人で市川市にある行徳野鳥観察舎に足を運び、
行徳野鳥観察舎友の会の皆さんに現地を案内していただきました。

この観察舎は耐震強度不足で昨年12月28日から無期限休館中です。
県の行革審議会で「県の施設として廃止」の答申が出され、
地元市川市からも存続を求められています。

遊歩道を歩いて行くと
遊歩道

観察舎に到着
野鳥観察舎

署名
存続を求める署名は1万8千筆を超えました!

子どもの時に観察舎を訪れた小学校の先生が教え子を連れてくる
こともあったそうです。
また、大坂からも子どもを連れて訪れたが閉館していてがっかりしたとの
メッセージも残されていました。

お隣にあるのは、野鳥病院
野鳥病院

県内の傷病野鳥の救護を行っています。

親からはぐれたカルガモたちも
カルガモちゃん

2階と3階の観察コーナー
44台の望遠鏡

合計44台の望遠鏡は日本一の多さとのことで、子どもたちも
クラス全員で一斉に観察することができます。

干潟を一望
私たちも3階から干潟を一望しました。

環境学習にきた子どもたちのメッセージ
お礼の手紙

子どもからの手紙2

行徳野鳥観察舎は「行徳近郊緑地特別保全地区」の一角にあります。
ここはかつて「新浜」と呼ばれ、水鳥の生息地として世界的に知られた
行徳・浦安地帯のうち宮内庁の「鴨場」を含む一部を水鳥や水辺環境の
保護のため、保全造成されました。

平成7年ころから湿地環境の復活を目的とした環境復元の実践が
全国に先駆けて試みられています。
台湾や韓国からも自然再生のお手本として視察があるとのこと。

説明をお聞きした後、長靴に履き替え、早速現場へ。
湿地へ

入ってすぐたぬきの「糞だまり」に遭遇
タヌキの糞だまり

目の前に広がる泥干潟
泥干潟1

よく見ると、カニがたくさん
泥干潟2

カニ

陸にも別なカニが生息しています

対岸から見た野鳥観察舎
野鳥観察舎2

1979年に建てられた施設ですが、耐震基準を大きく下回り
震度6程度に耐えられないと判明。
しかし、この施設は野鳥観察のみならず自然環境保護の
発信拠点として国内外を問わず利用されてきました。

新浜で記録された野鳥は281種。
実に日本産鳥類の約半分という多さ。

カワウ
カワウも繁殖時期

トビハゼ

小さなトビウオも元気にはねていました。
都会の喧騒と隣り合わせに生物多様性に富む自然環境が広がっています。
この貴重な自然環境を次世代にバトンタッチするためにも観察拠点は
なくすわけにはいきません。
存続を求めて、市民・県民の声を届けていきましょう!

広い保護区内を歩き回り、1時間半以上が経っていました。
明日13日(月)の環境生活・警察常任委員会ではこの問題も含め
館山坂田の残土埋立事業や指定廃棄物問題等々、質疑する予定です。


カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

救急医療センター&精神科医療センターへ 

5月20日(金)

来週27日から、6月議会が始まります。
今議会で一般質問をするため、連休明けから県内各地を視察しています。

一昨日は美浜区にある県立救急医療センターと精神医療センターへ。
両センターとも4年前に訪問し、今回は2度目です。

救急医療センターでは、小林繁樹院長先生から詳しくご説明いただきました。
千葉県唯一の高度救命救急センターであり、全国的にも数少ない
独立型の救命救急センターです。
24時間365日体制で、心筋梗塞や脳卒中、重症頭部外傷や多発外傷等、
まさに生死の瀬戸際に向き合っておられます。

救急医療センター1
こちらは救急搬送の現状

救急搬送の半数以上が軽傷患者で、重症例は1割以下。
救える命が救えない事態にならないよう、救急車利用についての
啓発活動も重要です。

救急救命センター2

当センターの使命と将来像については、災害拠点病院として
コンビナート火災など都市型災害への備えや空路を活用しての
ハブ的機能を目指すと語られました。
現場では、非常に高い使命感と熱意で仕事に当たられています。
その様子を直に感じることができました。

早くて5年後といわれる精神医療センターとの合築構想がようやく始まり
昨日は基本設計の応募者のプレゼンが実施されたところです。

ヘリポートは、センターと道を隔てた場所にあるなど、現場では物理的な
困難に直面。
設立から36年が経過し、施設の老朽化・狭隘化に悩まされています。

こちらは、看護師が仮眠するソファーベッド
仮眠スペース

東日本大震災の時、エネルギーの供給が大ピンチに…
エネルギー棟
エネルギー棟との段差が生じ、壁が崩れた写真

その現場にご案内いただきました。
エネルギー棟1
当時、技術班が迅速に修復したとのこと。

新センターが建設されるとはいえ、環境改善は待ったなしです。
小林先生いわく「医療スタッフは患者さんのために環境改善を要望することが
あっても、自分たちのことは我慢している」のが現状とのこと。
そんな現場の方々の思いにおんぶにだっこではあまりにも申し訳ありません。

小林院長先生と看護局長と

小林先生はじめ、お忙しいところ対応していただき、
本当にありがとうございました!

午後3時過ぎ、精神科医療センターに到着。
平田豊明院長先生にパワーポイントでご説明いただきました。

精神科医療センター

こちらは、日本初の精神科救急専門病院として、1985年にオープン。
設立の理念である「治療施設としての精神科病院」の先駆けとして
「収容施設としての精神病院」のアンチテーゼとなり、日本の精神科医療を
構造転換させてきました。 
初代院長の計見一雄先生のことは、精神科医で学会理事だった父から
たびたび聞いていました。
世界一入院患者の多い日本の精神科医療の中で「患者が地域に戻り、
地域で生きる」という理念を実現させることはいかに非主流であったことか。

でも、その後、この千葉の精神医療センターをモデルとする病院が
増えてきました。
これらの精神科急性型包括病棟は患者に良質な医療を提供し、
病院の活性化や経営改善にもつながるとして高く評価されています。
さらに当センターは、国レベルでも平均在院日数の短縮と精神科医療の
水準向上をリードする存在ともなっているそうです。

救急医療センターと同様、高い専門性を学びたいと
多くの研修医が集まっています。
千葉県立病院の誇れる一つです。

平田先生からのレクチャー終了後、深見副院長先生に施設内を
案内していただきました。

こちらは、救急で運ばれるベッド
救急ベッド

入院ベッド
重い症状の患者さんの個室

日中活動の場
陶芸など日中活動のスペース

屋上から
テラスから、海方面に向かっての写真

この方向の先が、救急医療センターと精神科医療センターの合築、
新たなセンター建設の予定地になります。

深見先生、看護局長さんと
深見先生、看護局長さんと

県民のために日夜奮闘しておられる医療スタッフの皆さんに
改めて感謝し、早急な環境改善を求めていきたいと思います。
お忙しいところ、ご教示いただき、本当にありがとうございました。


カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

袖ヶ浦福祉センター・木更津東高校へ 

5月11日(水)

連休明けの今週は、県内各所への視察スケジュールが目白押し。

5月27日に開会する6月議会での一般質問に向けて
実際に現場を訪ね、関係者の方々から生の声をお聞きしています。
来週からの勉強会ではさまざまなテーマでヒアリングする予定ですが
一般質問の持ち時間1時間の中ですべてを取りあげることはできません。
でも、この機会にできるだけの調査をし、政策提案・実現に
つなげていきたいと思います。

9日(月)
午前中、障害福祉課から袖ヶ浦福祉センター改革の取り組み状況や
グループホーム、地域移行の現状などをヒアリング。
その後、会派メンバーと市原・木更津の市議たちと現地へ。

袖ヶ浦福祉センターで19才の男性が虐待暴行死した事件があったのは
2013年11月のこと。
当時、私は健康福祉常任委員会の所属でしたが、その第一報を
会派室で受け、衝撃で身体が震えたのを鮮明に覚えています。

その後、施設を管理運営していた千葉県社会福祉事業団の幹部は
全員退任し、いまは民間の社会福祉法人からこられた役員が
改革を進めています。

今年4月に就任された相馬理事長をはじめ、新たな施設長さんたちに
お話をお聞きし、案内していただきました。

更生園
更生園ひのき寮にて

建物が老朽化しているため、部屋も暗い印象です。
男性12人が暮らしていますが、高齢化して認知症になる方もいて
医療や介護のケアが必要とされています。

養育園にて
こちらは、事件のあった養育園の共通スペース

昨年、環境改善のための工事が行われ、
以前訪れた時よりも明るい空間となっていました。

相馬理事長の下、利用者本位の視点で環境改善が進められている
様子が感じられました。
29年度までの集中改革期間後のあり方について
現在、検討されているところです。
どのような方向性が利用者にとって望ましいのか、
とりわけ支援の難しい強度行動障害のある方への支援体制や県全体の
障害者福祉のあり方について議論を深めていく必要があります。

相馬理事長さんと

その後、近隣のふる里学舎「蔵波」へ。
昨年度まで事業団が運営していた「アドバンスながうら」を
社会福祉法人佑啓会に民間移譲し、今年4月から再スタート。

里見理事長からご説明を受け、案内していただきました。
建物の室内はかび臭く、そのままでは使えない状態。
職員さんたちが毎日部屋を片付け、掃除し、ペンキまで塗って
ようやく使えるようになったそうです。

県の管理の悪さで使えない部屋もたくさん
蔵波にて

新しく始める児童デイも手づくりで改造中
蔵波2

ご苦労の一端を見ることができました。

袖ヶ浦を後にし、夕方5時ちょうどに木更津東高校に到着。
木更津東高校

昨年度から夜間定時制高校の給食が2校で「試行的廃止」され
今年度からこの木更津東高校も含めて、5校に拡大。
東葛高校に続き、どのような状況になっているのかを見学しました。

こちらでは5時からが給食の時間ということで、早速食堂へ
食堂1

明るくて広いスペースですが、生徒さんはまばら…。
いつも5~10人程度しか利用していないとのこと。

コンビニ販売の商品が並んでいました。
コンビニ給食

毎日このような食事では、栄養も偏ります。
やっぱり温かくておいしい給食が子どもたちには必要です。
昨年度までは学校の栄養教諭が栄養バランスのとれたメニュー考え、
仕出し弁当店に学校給食を頼んでいたそうです。

後ろには、立派な給食室が…
給食室

これを使わない方がよっぽど県有財産の損失ではないでしょうか。

校長室に戻り、県の学校安全保健課の職員さんたち同席のもと
池谷教頭先生とからお話を伺いました。
話をしているうちに、今回の理不尽な給食廃止に怒りがこみ上げ
思わずヒートアップ!

いったい誰がこれを起案したのか?
行革セクション?財政当局?はたまた所管課なのか?
「県です」という曖昧かつ責任所在も不明確ではすまされません。
まして「試行的廃止」という訳のわからない日本語で事実上廃止するなど
およそ教育を預かるセクションの対応とはいえません。

同行していた木更津市議の田中さんは、10年前に娘さんがこの学校の
普通科に通い、PTA会長も務めていました。
定時制高校に通う子どもたちにとって、いかに給食が大切かと
実体験から訴えていました。

こちらの定時制でも、授業料無償化を受ける就学支援金の利用状況は、
65人中60人とのこと。
ほとんどの生徒たちはアルバイトなど何らかの形で働いているそうです。

県教委は「社会的状況が変わり、給食の必要性が薄れた」などと
理屈をつけていますが、子どもの貧困は拡大しているのです。
教育的視点で給食を捉えかえす必要があります。
この続きは、6月議会で!



カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

県立佐原病院へ 

4月25日(月)

会派メンバーと県立佐原病院を視察。
こちらには東日本大震災後の5年前に訪ね、旧手術室をはじめ
凄まじかった当時の状況を小林先生からお聞きして以来です。

今回は月曜日の午前中という超多忙な時間帯にご都合をつけて
いただき、小林院長先生も外来診療から駆けつけてくださいました。
改めて、感謝申しあげます。

林事務局長から職員の配置状況や決算状況、患者数の推移等について
のご説明を受け、小林先生と意見交換をさせていただきました。

昨年度から常勤医師数が4人減って16人となり、非常勤パート医
40~50人で診療科を継続しているが、脳外科医の欠員により
救急を引き受けられなくなるケースも出てきているとのこと。

また、高齢化・人口減少が進む当地域のニーズ、佐原病院の医療機能に
ついて、地域包括ケア病床の導入や在宅医療の充実に向けて
ビジョンを描き、具体的に進められていることが分かりました。

さらに訪問看護については、大坂美穂看護局長からお話があり
訪問看護室の11名の看護師が地域の開業医とも連携し、
24時間体制で対応しています。
年間の看取りは20件程度で増加傾向。

平成17年4月から事業規模を拡大し、現在「訪問看護ステーションさわら」
と「居宅介護支援事業所さわら」の開設に向けた手続きを進めています。
昨年度には「訪問看護香取会」を立ち上げ、他の看護ステーション6か所と
定期的に勉強会を開催。
地域の訪問看護師への教育・指導など、公的セクターとして
大きな役割を果たしています。

新たに始まる総合診療専門医の養成研修プログラムの受け入れ先とも
なるそうですが、ぜひとも研修医に定着してほしいものです。
小林先生、そして現場の皆さんの原動力で、ここ佐原に
千葉県の地域医療のモデル、地域包括ケアの拠点病院を
築いていただきたいと思います。
私たちも佐原病院の発展を後押ししていきます。

そのためにも、遅れに遅れている本館の耐震化(IS値0.43)、
改築は、待ったなしです。

いつもにこやかな小林院長先生と
佐原病院にて

その後、新しく建設された手術棟を見学
手術棟1

手術棟2
手術をされる先生たちも快適とのこと

次は、別棟の訪問看護室へ。

訪問看護室
あれ?薬局?

訪問看護室2

写真を撮っていると、ちょうど画面左の高齢女性が「薬局ですか?」
と入っていかれました。

看護局長・訪問看護師さんたちと

写真中ほどの白衣姿が大坂看護局長、ピンクの方々が訪問看護師さん。
皆さんパワフルで心強い限りです。
現場の皆さんの声を生かす医療行政こそ、私たち県民の願いです。

佐原病院の皆様、お忙しいところご教示いただき、
ありがとうございました!!

カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --