プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(ホタルブクロ))

21日投開票 八千代市長選に注目!! 

5月19日(金)

今日は10:30~市民ネット主催で再生土の学習会を開きました。
再生土学習会

講師は、残土・産廃問題でおなじみ先輩議員の山本友子さん。
市原市議時代から県議の現在に至るまで、この問題に悪戦苦闘し
ライフワークとなってしまった感があります。

産廃・残土問題が絶えない市原市
再生土学習会2

再生土学習会3
再生土の山の上に太陽光パネルが設置され、一挙両得どころか
事業者にとっては、三得とやりたい放題?!

再生土学習会4
写真にある黒光りするのり面も再生土?

そもそも再生土については、法的規制がなく建設汚泥を「中間処理」
すれば、許可申請をすることもなく自由に処理することができます。
しかし、これでは業者は規制もなく環境悪化は避けられないと
千葉県は昨年9月に「再生土等の埋立て等に係る行政指導指針」を
策定しました。
とはいえ、これでは不十分であり、最終的には市町村が独自に
歯止めをかける必要があります。

豊洲の汚染土
そして、山本友子からショッキングな話しが…。

市原市の東国吉残土処分場には、都議会で問題となっている豊洲の
汚染土が洗浄して持ち込まれている可能性大とのこと。
まさに首都圏のごみ捨て場となっている千葉県。

豊洲の汚染土が千葉に?

話しが面白くなってきたところでしたが、八千代市長選の応援のため
学習会を退席し、12時過ぎの電車で八千代緑が丘駅へ。

八千代市長選
13時からの駅頭に合流

八千代市長選1
次は、勝田台駅へ移動

現職市長である秋葉就一さんと市民ネットワークは、「市民が主役の
まちづくり」「徹底した市民目線による住民自治」をめざすという同じ志
を持ち、秋葉さんが市議になる以前からお付き合いを続けてきました。

秋葉さんは市長就任からの4年間、クリーンでしがらみのない市政を
実現し、さまざまな改革に取り組んできました。
その成果・実績にはめざましいものがあります。

・子育て支援・教育環境の充実
 この4年間で保育所定員増400人、学童保育定員280名増員
 子ども医療費助成を中3まで拡大、市立保育園の改修、
 小中学校トイレ改修ほか
・行財政改革
 事業仕分けで2.3億円の財政効果、積立金現在高9.5億円増
 市税徴収率2.6ポイントアップ、市長給与3割カットほか
・再生可能エネルギーの普及・推進
・防災対策の推進
 災害時用衣料品の備蓄協定締結、青年市長会への加入継続による
 遠方自治体との災害時相互援助協定の締結ほか

等々、書ききれません。

詳しくは、以下をご覧ください。
   ↓
秋葉就一オフィシャルサイト

八千代市長選3
埼玉県朝霞市の黒川議員も応援に駆け付けました!

勝田台の商店街へ

駅頭での訴えの後、勝田台の商店街から南の住宅街に練り歩き
秋葉市政の継続を訴えました。
真夏のような日差しが厳しかった!!
またまた顔のシミも濃く広がってしまいそうです…。

私はその後、選挙カーに同乗し、八千代台北などの住宅街に
お邪魔しました。

八千代市長選ポスター掲示板
今回の市長選は5人が立候補

混戦模様ですが、秋葉さんは実力・実績に加え、誠実で真面目な人柄
とどれをとっても他候補に負けていません。

八千代中央駅にて
18:30に八千代中央駅で再び、秋葉陣営に合流。

マイクでの放送終了となるまでの20:00ジャストまで自身のまちづくりに
かける意気込みと具体的な政策提言を伝えるため、疲れ知らずに
熱く話し続ける姿が印象的でした。

八千代中央駅にて
秋葉さんの友人・後輩が心強い応援団

選挙戦は残り明日一日となりました。
最後の最後まで「さらに住み続けたいと思えるまち・八千代を」という
思いを市民の皆さんに訴えてほしいと思います。
明日の夕方は、東京世田谷の保阪展人区長が応援に駆けつけるとのこと。
ご健闘をお祈りしています!


カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --   

新年度がスタート! 

4月1日(土)

新年度がスタートしました!
年度末の3月はさまざまな問題が起こり、その対応に消耗し
ブログ更新をすっかり怠ってしまいました。
気分一新し、新年度は更新に努めたいと思います。

今月のブログの花は、菜の花。
明るく元気な気分にさせてくれます。

桜は開花したものの、この1週間は冬に逆戻りしたような寒さでした。
事務所前の桜の花もまだ3分咲きといったところ。

事務所前の桜の木

その隣にある小さな桜の木
小さな桜の木

毎年、この木の開花を楽しみにしていますが、つぼみはまだ固く
来週になるかな?

知事選の影響で、2月議会報告の駅頭での配布が遅くなりました。
29日(水)京成志津駅を皮切りに、市内5駅の駅頭をお借りし
早朝6時半からお邪魔しています。

DSCN5896.jpg
志津駅で市議の五十嵐さんと

30日(木)京成臼井駅、31日(金)ユーカリ駅は寒い朝でしたが
お目にかかった皆さんからエールをいただき、心が温まりました。
新年度目前の慌ただしい朝のひと時、議会報告を受け取っていただき
本当にありがとうございます!

私たちも市政・県政が身近なものとなるよう新年度も
情報をタイムリーに伝え、地域の皆さんの声を届けていきます。

次の駅頭配布は、10日(月)JR佐倉駅と11日(火)京成佐倉駅の予定。
少し先になりますが、県議会報告の紙面は以下でご覧になれます。
     ↓
2017年3月県議会報告

今朝は、お花見には残念な雨模様になりました。
まさに花冷えといったところですが、体調管理にくれぐれも気をつけて
良いスタートをきりましょう!



カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --   

今日は福島みずほ講演会、明日は市議会・県議会報告会です 

2月4日(土)

今日は立春。
春の始まりの日です。
なんとなく日差しも春めいてきているようですね。

すでにHP等でもお知らせしていますが、今日は、午後2時から
社民党の福島みずほさんをお迎えし、下記の講演会を開きます。

◆トランプ新大統領でどうなる?!日本の「食と農」

トランプ次期大統領はTPP離脱を宣言しています。
しかし、安倍首相はTPPを強行採決しごり押し一直線。
どこへ行くのか日本の「食と農」?国会で食の問題を追及する
福島みずほさんに、最新情報をまじえてお話して頂きます。

日時:2月4日(土)14:00~16:00
場所:ハロー貸会議室千葉
千葉駅東口徒歩6分(シンティ千葉ビル3階)
講師 :福島みずほさん(参議院議員)
参加費:無料
主催 :市民ネットワーク千葉県

以下、詳細です。ご都合がつく方は、ぜひご参加ください!

トランプ新大統領でどうなる?!日本の食と農

また、明日5日(日)は、午後3時からさくら市民ネットの総会がります。
その前の13:30~14:45まで市議会・県議会報告を開きます。
会員でない一般市民の方もどうぞご参加ください。

市議3人・県議1人の4人が、それぞれ15分ずつの持ち時間で
お話しする予定です。
私は、千葉県の教育、福島原発事故避難者の現在の状況
佐倉の地下水の最新情報について、お伝えしたいと思っています。
短い時間ですが、お待ちしています。

以下は、1月7日ちばフラワーフェスティバルに出展された
房総のの花々です。
春の訪れを感じていただければ幸いです。

さまざまな色のストック
房総の花々2

新種のダリア
房総の花々1

特別賞の花々
房総の花々3

春が待ち遠しいこの頃ですね。
寒さが続く毎日ですが、くれぐれもご自愛ください。

カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --   

広がれ、子ども食堂の輪!全国ツアーin千葉に参加 

1月17日(火)

寒い日が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか?
今朝の京成佐倉駅を最後に年初の駅頭活動を終えました。

それにしても、昨日の京成志津駅が一番寒かった!
零下一度だったようです。

京成佐倉駅頭で
京成佐倉駅にて

3月26日の千葉県知事選挙に向けて、いまの森田県政の実情を
お知らせし、県政への関心を高めてほしいとの思いで情報紙を
お届けしました。

財政力は全国4番目に豊かなのに、医療・福祉、教育費は全国最低レベル
の千葉県の税金の使い方、優先順位は問題が大ありです。
とりわけ教育費は全国最下位といった現状は見過ごせません。

折しも、小池都知事が来年度から私学高校に通わせる保護者負担を
大幅に軽減させると言明しました。
年収760万円以下の世帯の学費無償化をするとのこと。
その額は80億円で対象は5万1千世帯と今朝TV報道されていました。
都知事選挙の公約を実現とのこと。

一方、千葉県は学校法人への私学助成は年間130億円以上ですが
保護者への直接的軽減策は授業料だけにとどまっています。
私は、授業料だけではなく施設整備費に対する保護者負担の軽減策も
行うよう求めていますが、千葉県ではまだありません。
お隣の埼玉県ではすでに実施されています。
これでは、子育て世代は千葉県ではなく東京や埼玉県に転出して
しまうのではないでしょうか。
千葉県の子育て・教育環境の充実が急ぎ求められています。

この他、子どもの貧困対策への千葉県の姿勢も問われています。
一昨日の15日(日)千葉市文化センターで開かれた
「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin千葉」に参加。

子ども食堂シンポジウム

県内で広がっている「子ども食堂」の取り組み事例が発表されました。

私の住む佐倉市からは、NPO法人ほっとスペース・つきの田代さんが
パネリストとして登壇。
子どもの貧困対策を前面に出すのではなく、子どもだけではなく高齢者も
含め、地域の居場所づくりが求められていることが多数報告されました。

子ども食堂シンポジウム2
ホールを出た会場では、ポスターセッションで各地の取り組みを紹介。

子ども食堂シンポジウム3
こちらは、佐倉のほっとスペース・つきの展示です。

午後1時過ぎ、会場で県児童家庭課の根本課長にお会いしました。
朝10時からシンポジウムにずっと参加してくださっていたようです。
子ども食堂は完全に民間の取り組みですが、子どもたちが健やかに
地域で育つことができる環境をつくっていくために官民の垣根を超え
力を合わせていかなければなりません。
まずは関心を持ってもらうことが第一歩となると思います。

子ども食堂4

子ども食堂5
元市民ネット代理人の湯浅美和子さん

閉会のあいさつは、NPOちばこどもおうえんだんの湯浅さん。
湯浅さんは市民ネットの代理人として、3期千葉市議を務めました。
議員引退後は、児童養護をはじめ子どもの応援団活動をしています。

子ども食堂は子どもの貧困対策を焦点にするのではなく地域の居場所、
コミュニティづくりとしてもとても有意義な取り組みになることを確信しました。
このような地域に根差した活動に力を入れていく必要性を改めて
痛感したシンポジウムでした。
参加して本当に良かったと思います。



カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --   

女性弁護士さんとの懇談会 

11月29日(火)

12月議会が先週25日(金)に開会。
来月1日(木)からは一般質問が始まり、会派同僚の藤代議員の
質問は12月7日(水)午後2時~の予定です。

今日は、千葉県弁護士会所属の5人の女性弁護士さん、
DV被害者支援等を行っている市民団体の皆さんと
ジェンダーを切り口に意見交換をしました。

前日に千葉県庁の女性登用や非正規雇用の状況等について
他県との比較も含めて取りまとめた資料を配布。
「公務員は子育てと仕事の両立がしやすい職場と思っていたが
友人の話から必ずしもそうではないことを知った。なぜ夜遅くまで
残業があるのか?」と率直な疑問も投げかけられました。

千葉弁護士会では女性の割合は約3割とのこと。
依頼者の女性比率は高く、離婚やDV等の相談事案の背景に
女性差別や性別役割分業の固定意識が見られるそうです。
男女共同参画基本法制定から十数年、昨年は女性活躍法も
つくられましたが、性別にかかわりなく自分らしく生きることができる
日本社会はいつになったら実現できるのでしょうか?
「意識を変えるには制度を変えるのが近道と考え、弁護士の仕事を
選んだ」という弁護士さんの話もありましたが、一番の壁は社会の慣行・慣例
を支える根深い意識、見えない障壁だと思います。

事務所では伊藤あかねさんの作品を展示中
ネットギャラリー1

ネットギャラリー2

ネットギャラリー3

伊藤あかねさんは、市民ネット代理人の大先輩・服部かをる元市議の
次女の方で市原市にお住まいです。
美しく幻想的な作品は進化し続けておられます。

お近くにお出かけの際は、ぜひお立ち寄りください!

カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --