プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(ホタルブクロ))

福島原発避難者は今 

4月22日(土)

昨日の午後2時から、福島原発事故で県内に避難されている当事者や
支援団体の方々と県の担当課にヒアリングし、今後の対応について
要請しました。

とりわけ今年3月末で住宅支援を打ち切られた区域外避難者
(いわゆる自主避難者)の方々の状況が気がかりでした。
県の防災政策課が公表した情報は、以下のとおりです。

自主避難されていた257世帯のうち
・引き続き県内に居住は、195世帯(76%)
・福島県に帰還は、40世帯(16%)
・千葉県、福島県以外への転居は、19世帯(7%)
・その他、転居先不明は、3世帯(1%)

千葉県に引き続き居住の195世帯のうち、これまでの民間賃貸住宅に
継続入居が92世帯、また同一市内の民間住宅に転居が52世帯が
圧倒的に多く、公営住宅に転居または継続入居が10世帯。

千葉県が新たに設けた県営住宅の「優先枠」50戸に対する
応募状況は、募集締め切りの4月15日時点でゼロという残念な結果。
優先枠設定の取り組みは高く評価できるものですが、もう少し早く
支援策を打ち出すことができていれば…。
しかし、「応募ゼロ」イコールニーズがなかったとの評価につなげる
のは、時期尚早だと思います。

実際、県内の避難者で県営住宅への応募を考えていたケースも
聞いており、県営住宅に実際に入居できる6月までの対応や
手続等がスムーズに進まなかった可能性も少なくありません。

一昨日、千葉地裁で開かれた福島原発裁判においても
自主避難者の方々が3月で住宅支援を打ち切られ、経済的にも
精神的にも厳しい状況に追い込まれていると原告代理人の意見陳述で
明らかにされました。

県営住宅の入居募集は、通常年4回行われていますが
例外的かつ緊急対応として、7月募集までの間にこの「優先枠」を
必要な避難者につなげてほしい、そのための方策を検討してほしいと
要請しました。
そのためには、避難者のおかれている状況を把握しなければなりません。
千葉県は被災県でもあったため、避難者の方々が居住する市町村が
直接的な役割を担っていますが、双方の連携を強めることで
個別のニーズに合った支援につなげる必要があります。
「避難者カルテ」による実態把握がどの程度行われているのか
確認しなければなりません。

避難者への個別事情に応じた生活再建支援が喫緊の課題です。
自立を促すための就労支援や高齢化に伴う福祉施策など
あらゆる法制度に基づく行政支援や民間支援が必要であり
避難が長期化すれば、ニーズも変化します。

とりわけ住まいの確保は、生きるための基本的社会保障。
復興庁によると、97%は住まいが確定済みとのことですが
これは退去確認含めた数値ではないかとの疑問があります。
なぜならば、福島県は3月21日の段階で3200件を掴んでいない
からです。
このことについては、昨日の国会審議で追及されるとのこと。

今後も引き続き民間支援団体の皆さんとともにこの問題に取り組み
国や県、市町村に働きかけていきたいと思います。

県との交渉
4月21日 千葉県への要請

 

カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --   

2月県議会閉会、そして知事選 

3月2日(木)

昨日1日に2月県議会が閉会。
今月26日の知事選のため、例年より1ヶ月前倒しで議会が開かれました。
この間、知事選への取り組みなど、諸々の問題対応に追われ
ブログ更新もままならない日々でした。

とはいえ、新年度当初予算をはじめ2月議会に提案された議案に
ついては、所属する文教常任委員会の所管する箇所を中心に
しっかりと審議しました。
また、昨日の最終日に県議会議員の定数・選挙区の見直しにかかわる
条例改正が自民党と民進党から提案されました。
わが会派は単独で議案提案権がないので、残念ながら
独自案の提案はできませんでしたが、本会議で討論。
詳しくは改めてご報告します。

まず何よりご報告したいのは、今年3月末に迫った福島原発事故の
自主避難者への住宅無償提供の打ち切り問題。
昨年8月から福島の当事者や支援団体の方々と情報共有し、
千葉県の担当課との交渉を進めてきました。
とりわけ県営住宅における「優先枠」の設定や民間賃貸住宅に
継続入居する際の支援策を要請してきたのですが
なかなか具体策が示されず、焦っていました。

2月15日(水)には県に緊急要請し、記者会見を設定。

千葉県への緊急要請
防災政策課・住宅課に要請書を提出

記者会見1
県政記者クラブにて

記者会見2
自主避難者の方々からの訴え

マスコミ各社もたくさん集まっていただき、避難者の厳しい実情と
住宅確保に向けてアピールすることができ、翌朝の紙面にも
取り上げてもらいました。

翌週21日・24日に開かれた2つの常任委員会の場では
避難者から提出していた「請願」が審査されました。
防災政策課によると、県内の自主避難者は1月末で234世帯。
このうち165世帯が4月以降も千葉県への居住を希望し、
うち8世帯が公営住宅への入居を希望しているとのこと。
一方、福島への帰還希望は36世帯、県外への転居希望は7世帯。
11世帯についてはまだ意向確認ができていないので、
引き続きのフォローが必要とのことです。

今回ようやく県営住宅に自主避難者優先枠として50~60戸を設定する
方向性が示され、少し安堵したところ…。
しかし、募集時期が3月25日となるため、実際の入居まで2か月程度の
ブランクが生じること、その間の公的支援策等々、まだまだ課題はあります。
この間、防災政策課や住宅課の職員の皆さんには自主避難者の戸別訪問
をはじめ難しい問題に真摯に取り組んでいただき、心から感謝しています。
本来であれば、原発政策を推進する政府がしっかりと課題解決に
取り組むべきです。

一昨日の28日、今後の課題について、再び県の担当課と話し合いを持ち
個々のニーズや実情に寄り添った支援を続けてほしいと働きかけました。
福島原発事故による避難者の問題は、これで終わりではありません。
引き続き、取り組んでいきます。

最後に大切なお知らせです。
知事選への「市民ネットワーク千葉県」のスタンスですが、組織内の
意思決定過程を経て、以下を決定しました。

・特定の候補者は推さない。
・しかし、各地域ネットの判断を尊重する。
 地域ネットや個人の判断で応援することを認め合う。
・立候補予定者への公開質問状を送り、情報提供する。
   ↓
2017年千葉県知事選公開質問状回答

当団体は県内8市にある地域ネットの連合体です。
各地域ネットにおける知事選挙へのスタンスはまちまちのため
一つの方向性に集約することができませんでした。
今後、それぞれの地域ネットで知事選への取り組みが行われる予定
ですので、ご理解ください。

さくら市民ネットワークでは、以下のとおり勝手連を立ち上げ、
知事選に取り組むことになりました。
   ↓
さくら市民ネットワーク勝手連

*3/10(金)知事選の取り組みについて、一部加筆しました。
 改めてお知らせします。

カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --   

2月9日県議会報告を発行 

2月11日(土)

今月1日から2月県議会がスタート。
9日(木)には、会派代表質問に山本友子さんが登壇しました。
知事の政治姿勢はじめ、森林政策やコンビナート防災など
千葉県の中長期的政策について問題提起。
良い質問だったと思います。
同日、私の県議会報告を新聞折り込みしました。

今回の1面は、教育特集です。
今年度は文教常任委員会の所属となり、千葉県の教育予算の少なさを
切り口に問題点をお知らせしました。
2面は、昨年度の決算審査で取り上げた問題点を書きました。
ぜひご覧ください。
  ↓
入江あき子の県議会報告(最新版)

取り急ぎ、お知らせします。

カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --   

12月県議会が閉会しました 

12月22日(木)

今年も残りわずかとなりました。
一昨日20日(火)には、12月県議会が閉会。
午後1時からの本会議において、私はトップバッターで登壇。
27年度決算認定に反対、「不認定」の立場から討論しました。

討論の内容は、以下のとおりです。
    ↓
27年度決算認定の討論原稿

議案の討論は、山本友子さん。
発議案(意見書)の討論は、小宮清子さんが行いました。
今議会で最大の議論になったのは、何といっても
「山武地域談合事件の賠償金減額受け入れ」議案。

県発注の土木工事で山武地域の入札参加業者30社が
過去4年間で208件の談合を行ったことが発覚。
県が業者らに賠償金を請求したものの、その後倒産する業者もあり
最終的には17社が千葉簡易裁判所に賠償金の減額及び分割納付
を求めて民事調停を行いました。

その結果、本来であれば契約金の20%の賠償金9億7245万円を
支払うべきところ、8%の3億8898万円に減額し、分割納付を
認めるという調停案が示されました。

県は公認会計士に各社の財務能力を調査させ、20%の支払いは
可能だと主張していたにもかかわらず、一律8%とした調停案に
従ったのはなぜか?

今年2月議会に自民党から「談合業者に温情を」という請願が
出され、可決していたのです。
この結果に県当局が引きずられたことは、疑いようがありません。
政治的圧力が働いたのは、だれが見ても明らかです。

公平・公正・中立を旨とする県行政が入札・契約制度の根本原理を
覆し、悪しき前例を残すことは言語道断です。
今後に大きな禍根を残してしまいました。

県政に限らず、国政も同様、明るい話題が見当たりません。
心が沈みそうな年の瀬です。

そんな中、鋸南町の方からお花が届きました!

鋸南の花々

一足早く春の訪れです。
花を活けていると、明るく前向きな気持ちになります。
本当にありがとうございました!

カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --   

県民…ではなく事業者ファースト?! 

10月1日(土)

今日から10月に入り、ブログの花の写真は山リンドウに変えました。
気分も一新といきたいところです。

というのも、昨日は会派代表質問があり、特に環境問題に対する
県の姿勢は全く納得いかない答弁ばかりでした。

とりわけ館山市坂田地区への残土埋立事業については
先の6月議会環境生活・警察常任委員会で条例の恣意的な読み替え
をし、本来できないはずの事業継続の申請をなぜ受けつけられるのか?
と追及。

H15年に条例改正し、事業の1年以内の延長、面積2割増しの埋立しか
認めず、「無制限な事業拡大に歯止めをかける」とした改正趣旨を
ねじ曲げていることのおかしさを質したところでした。
     ↓
6月議会常任委員会

その後、坂田の住民の皆さんと数回にわたり、県との交渉を重ねて
きましたが、それも一方的に打ち切られ、廃棄物指導課は粛々と
埋立許可を出すための審査を進めていたのです。

私たちはさらなる残土埋立、しかも20メートル高(7階立てのビルと同じ)
で盛土することの安全性について、説明責任を果たすようにと
再三求めてきたのです。
ところが、審査中のため具体的な数字・資料については一切黒塗りで
話せないとの一点張り。
これでは、地元の方の不安は払しょくできません。

そして、なんと今週26日(月)の夕方5時過ぎ、会派控室にいた
私たちに「今日、許可を出した」と驚くべき一報が…。
先週23日(金)には、代表質問のやり取りをめぐって廃棄物指導課と
話しをしていたのです。
にもかかわらず…と一瞬思考停止するところでしたが、
即座に「これまで黒塗りになっていた事業者の許可申請書一式を
開示するように」と求めました。

ところが、「政務調査課を通さなければ出さない」との返答。
あまりに不誠実な対応に納得いかず、小宮、山本、入江で担当課の
部屋に乗り込み、直談判。
翌日に一部開示させました。

今週は、定時制高校夜間給食の継続を求める請願書提出をめぐり
紆余曲折があったのですが、このことについては、また改めて。

代表質問に立った、小宮さんは坂田残土埋立をはじめ
柏廃材の健康被害、沖縄高江への県警派遣、子宮頸がんワクチン等々
いのちと暮らしを守る県政への転換を求め、1時間フルにがんばりました!

正午少し前に代表質疑が終わり、その足で県庁前で抗議活動。
朝早くから傍聴応援にかけつけてくださった館山や鋸南町の皆さんと
お昼休みに外に出てきた職員さんや通行人にチラシを配り、
訴えました。

抗議活動1

抗議活動2

抗議活動3
館山市議会でがんばっている石井議員

抗議活動4
おつかれさまの小宮さん

抗議活動5
そして、私

抗議活動6

千葉県は、残土条例第1条目的に明記されている「県民生活の
安全の確保と県民の生活環境の保全」の条例趣旨にしっかりと
立ち返るべきです。

いま小池都政に全国の注目が集まっていますが、千葉県も果たして
県民ファーストの県政といえるでしょうか?
これからも県民の皆さんとともにねばり強く活動していきます!


カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --