プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(桃の花))

嬉しいニュースです! 

2月2日(木)

今日は10時~16時まで参院会館で開かれた勉強会に参加。
来年度の地方財政計画や今年度第三次補正予算、国保広域一元化
について、国の担当職員から説明を受け、全国各地から集まった
地方議員と意見交換しました。

会場確保してくださった森ゆうこ参議院議員
森ゆうこさん

地元新潟の町議を2年間務めた後、国政に転身されたそうですが
基礎自治体の議員の経験は、いまに生かされているとのこと。
法案等を審議する際、自治体現場への影響を第一に考えるとのこと。
一見当たり前のことですが、このことが肌感覚で捉えられる国会議員は
貴重だと思います。

地方×国政策研究会
国保広域一元化の説明

勉強会も有意義だったのですが、何といっても今日一番のニュースは
「地下水」です!
朝、国会に向かう途中、嬉しいニュースが飛び込んできました。

昨日1日、森田知事が印旛地域の水道水源である地下水の継続利用を
検討するよう事務方に指示したとのこと。
いわゆる印旛広域水道(略称)を構成する9市町が地下水の継続利用を
求める要望書を県に提出したことを受け、知事が協議するよう指示した
と読売新聞朝刊では報じられています。

早速、明日の午後、水質保全課(地下水や地盤沈下の担当)と
水政課(水政策、水利権担当)の両課から説明を受けることになりました。
八ッ場ダムや霞ケ浦導水事業が完成すれば、地下水の利用が大幅に
削減され、水道料金の高騰、高くてまずい利根川の水への転換が
余儀なくされます。

具体的に、八ッ場ダム等の完成により、印旛広域水道や北千葉広域水道
の両地域では95本の井戸が廃止され、年間取水量約3千万立方メートル
(地域全体の取水量の約16%)の地下水が利用できなくなります。
 
この問題について、市民ネットは30年近く取り組み、私も市議会に続き
県議会でも「安全でおいしい地下水を飲み続けたい」と市民の声を代弁し
地下水の継続利用を訴えてきました。

直近では昨年6月議会の一般質問で取り上げ、
地下水の汲み上げ規制を見直し、継続利用すべきと質したところ
「その必要はない」との相変わらずの答弁だったのです。

詳しくは、以下の議事録をごらんください。
    ↓
2016年6月一般質問  

森田知事は印旛地域の首長たちの切実な訴えに動かされたのでしょうか?
いずれにしても、地下水の汲み上げについては、科学的合理性や
公平性に基づいた見直しの検討が必要であり、一歩前進です。
このところ心が沈むことばかりの毎日だったので
久しぶりに嬉しいニュースに救われました。
今後の検討に大いに注目していきます!

★2月のブログ写真の花は、雪割草にしました。

カテゴリ: 八ツ場

Trackback: --   Comment: --   

どこへ行く? 迷走する八ッ場ダム  

8月15日(月)

お盆休みは、実家の仙台に帰省。
そんな時、嬉しくない驚きのニュースが!
12日、国交省は八ッ場ダムの事業費を720億円も増額し、
5320億円にする計画変更案を発表しました。

世間の関心がリオデジャネイロオリンピックやお盆休みに向いている
この時期を狙ったとしか思えません。
新聞報道も小さな扱い。
その多くが資材や人件費の高騰や消費税増税などの社会経済的要因を
あげていますが、増額のうち343億円が地すべり対策やダム本体の
脆弱岩盤に対する対策費になります。
500~600億円の増額になるのではと試算されていましたが
それを上回る720億円とは…。
今回が5度目の変更になりますが、2013年に工期4年延長の時には
関係6都県の反発をかわすため、事業費増額を先送りにしたのです。

「さらなるコスト縮減・早期完成」を求め、国の言いなりに負担金を
出し続けていた千葉県は何だったのでしょうか?
再度、国の言い分を鵜呑みにし、さらなる負担金を出すことは
到底認められません。

八ッ場あしたの会のHPで、今回の増額の中味を解説しています。
     ↓
大幅増額の中味

私たちが11年間の裁判闘争で明らかにしてきたさまざまな問題が
露呈しています。
インフラ施設の長寿命化の財源も厳しいのに、無駄な公共事業の典型である
八ッ場ダムにさらなる血税を投入するとは、愚の骨頂も極まれり!

今度の9月議会で知事から計画変更への同意議案が提出されるのでは
と思いますが、引き続き注視していきます。

追記:現在、八ッ場ダム住民訴訟の報告集を編集中。
    千葉の活動写真をピックアップしている最中です。
 
千葉地裁不当判決
2010年1月19日千葉地裁不当判決

記者会見
不当判決後、県庁にて記者会見

現地での抗議活動
2015年2月7日ダム本体工事起工式での抗議活動

カテゴリ: 八ツ場

Trackback: --   Comment: --   

欺瞞に満ちた八ッ場ダム本体建設工事起工式 

2月7日(土)

午前8時半過ぎに高崎駅からマイクロバスに乗り込み、八ッ場ダム本体工事
起工式の現場に向けて出発。
八ッ場ダムをストップさせる1都6都県市民連絡会のメンバーで抗議活動を
行いました。

10時20分頃、現地に到着。
横断幕やプラカードを掲げ、アピール活動をスタート。
抗議活動1

私たちの前には立ち入り禁止のコーンが立てられ、
目の前には国交省職員の人の壁がずらっと並びました。
抗議活動2

前日には私たちの抗議文を当日手渡したいと交渉したものの
起工式で忙しく対応できないと断られていたにもかかわらず
十数人の職員らがただ押し黙って私たちを威圧していました。
これが「公僕」としてのあるべき姿なのか…。
とても悲しく情けない思いでいっぱいでした。

抗議活動3
ストップ八ッ場ダムの旗を掲げて

起工式は12時半前に終了。
起工式終了後


群馬の大沢知事、埼玉の上田知事をはじめ、地元国会議員や県議が
ぞろぞろと出てきました。
千葉県からは高橋副知事、吉田企業庁長や関係部局の職員数名の
姿が見られました。
そしてあろうことか、八ッ場ダム住民訴訟で県側の代理人をしている
伴弁護士の顔も!

千葉はじめ、茨城、群馬県の代理人を引き受け、国交省の後ろ盾で
楽勝し、私たちの税金から相当な弁護費用を手に入れてきたこと
に対して、どのように自覚しているのでしょうか?
一度聞いてみたいものです。

千葉県では八ッ場ダム、霞ケ浦導水、思川開発に25年度まで
474億円を投じましたが、県水道、企業庁工業用水における
給水実績を見ても水需要は頭打ち。
これ以上、新規水源開発を進める必要はまったくありません。

一方、県内には水利権を取得したにもかかわらず、使っていない
未利用水利権が6事業体で毎秒1.238㎥もあり、そのうち5事業体
の水利権取得費と25年度までの管理負担金の合計は524億円超。
未利用水利権を活用せず、新たなダム建設のために負担金を出しているのは
まさに二重の無駄遣いです。
この事実を昨秋の決算委員会で明らかにしました。

寒い中、2時間以上も立ち続け、中には体調が悪くなるメンバーも。
この10年間、私たち原告団もそして弁護団も、すべて自腹・手弁当で
有害無益な八ッ場ダム建設中止、税金の無駄遣いを辞めさせようと
身体を張ってがんばってきたのです。

抗議活動終了後、先月21日(水)に開始した「発破作業」現場へ
発破現場2

さすがに今日は作業中止
発破現場1

地すべりが発生している付け替え国道
地滑り現場1

切り土した背後の山が動き、道路に亀裂が走っています。
亀裂箇所

川原湯新駅をあがると
川原湯新駅

山を切り刻んで作られた砂防ダム群が
砂防ダム群

付け替え県道の工事も進みません
付け替え道路工事

眼下に見下ろした吾妻川
吾妻川

ダム本体工事は予定どおり進まず、地すべりなどの災害を誘発すると
心ある専門家は警鐘を鳴らし続けています。
千葉県民にとってもさらなる事業費増額が待ち受けるなど、まだまだ
八ッ場ダム問題に終わりは見えていません。

訪れるたびに美しい自然が破壊され、コンクリート構造物むき出しの
無残な姿になっている吾妻渓谷。
自然に対する畏怖の念なく工事を強行する愚かさを目の当たりにし
言葉もありません。

世界の潮流はダム撤去というなかで、役に立たない危険なこのダムを
つくるこの国の大義はいったい何なのか?
利権にまみれた公共事業の典型である八ッ場ダムは将来に禍根を残す
ことは間違いありません。
そして、この負債を負わせられるのは子や孫の世代ということを
決して忘れてはなりません。

当日の情報や抗議文の内容は、以下のHPでご覧ください。
   ↓
欺瞞に満ちた八ッ場ダム本体起工式

カテゴリ: 八ツ場

Trackback: --   Comment: --   

八ッ場ダム本体工事着工?! 

1月20日(火)

国交省八ッ場ダム工事事務所は、明日予定されていた発破作業を延期し、
明後日の22日に行う予定と今日の午後3時に記者発表しました。

延期の理由は、発破の火薬を詰めるのに一日を要するからというもので
明後日に予定通り行うかどうかは、当日の朝にならなければわからない
とのことです。

私たち八ッ場ダム建設に反対する市民団体は、発破作業が行われなくても
明日現地で抗議行動を行う予定です。
私はすでに外せない用事が入っているので、残念ながら参加できません。
千葉からは服部かをるさんが代表して現地入りすることになっています。
天気も下り坂、寒いなか朝早くの出発になりますが、私たちの思いを届けて
いただき、現地の様子をつぶさに見てきていただきたいと思います。

以下、八ッ場あしたの会からの転載情報です。
    ↓
八ッ場あしたの会から

以上、緊急報告でした。


カテゴリ: 八ツ場

Trackback: --   Comment: --   

最高裁にふさわしい判決を! 

12月23日(火)

先週14日(日)全水道会館で八ッ場ダム10周年報告集会を開きました。
基調講演には、元建設省河川局長の尾田栄章さんをお迎えし、
「河川環境の保全」と「関係住民の意見反映」という画期的な視点を
盛り込んだ97年河川法改正をリードした経緯と法改正がめざしたもの
についてお話を伺いました。

当日の集会の映像録画が配信されたので、ご紹介します。
参加できなかった方は、ぜひご覧ください。

①開会あいさつ
開会あいさつ

②講演 「河川法改正が目指したもの」
      尾田栄章さん(元建設省河川局長)
尾田栄章さん

③報告 「八ッ場ダム問題の経過と今後の展開」
      嶋津暉之さん(八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会代表)
嶋津暉之さん

④報告 「住民訴訟10年目にあたって」
      高橋利明さん(弁護団長)
高橋利明さん

⑤各都県の会からの報告(群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京)
各都県の報告

⑥質疑応答&集会アピール
 閉会のあいさつ 大川隆司(弁護団副団長)
集会アピールほか

この10年間、手弁当で代理人活動を続けてくださっている
30数名の弁護士の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
八ッ場ダム問題にとどまらない国直轄事業に対する自治体のスタンスを問う
裁判史上注目すべき判決が出されようとしています。
最高裁にふさわしい判決結果が待たれます。


カテゴリ: 八ツ場

Trackback: --   Comment: --