プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(スイセン)

エネルギーの地産地消!先進地 睦沢町へ 

2月12日(月)

今週15日(木)に、2月県議会が開会。
先週8日には議会運営委員会が開かれ、過去最大規模1兆7300億円
となった一般会計当初予算案をはじめ、全部で94本というボリュームの
議案審査が事実上、スタートしました。

議案の概要説明だけでも4時間以上かかり、今週はその詳細ヒアリングも
会派で予定しています。
特に今回は予算委員を務めるため、資料請求と並行して調査活動の
時間も確保しなければなりません。
そのため、この三連休の前半は先日発行した「さくら・市民ネットワーク
通信」を地域にポストインして回りました。
幸い日中は暖かく汗ばむほどでしたが、足への負担を考えて
休み休み歩き、トータル4時間かかって配り終えました。

前置きが長くなってしまいましたが、先月1月31日(水)に睦沢町を訪問。
睦沢町へ

同町が進めている「地域新電力事業」と「むつざわスマートウエルネス
タウン」について、ぜひ直接お話を聞きたいと思い立ったからです。
会派メンバーに加えてネットの仲間にも呼びかけたのですが
残念ながら当日はいろいろな事情で結局、藤代さんと私だけの参加でした。

とはいえ、当日は市原武町長と市原重光議長、ダブル市原両氏の
歓迎を受け、13:30~16時過ぎまでの間、現地視察を含めて
両氏にはずっとお付き合いいただきました。
担当のまちづくり課の職員の方々も優秀で熱意をもって取り組まれている
様子がしっかりと伝わってきました。
本当にお世話になりました!

町長さん、議長さんと
向かって左が市原町長、右が市原議長

東日本大震災後の脱原発・新たなエネルギー政策への転換は
残念ながら県内でも大きく進んでいません。
しかし、この睦沢町のようにエネルギーの地産地消、地域分散型モデル
を具体的に展開し、町の活性化につなげていることは大きな希望です。

自治体PPSとも呼ばれますが、太陽光など周辺の再生可能エネルギー
で発電した電力を買い取り、公共施設や地元企業・家庭等に供給する。
このことにより、従来外部PPS事業者に流出していたエネルギーや
お金を地域内で循環させ、電気代の削減や地域のエネルギー産業の
発展、地域経済の活性化が期待できます。

そして、2016年6月に設立された「むつざわエナジー」は今、新たな展開
につながり、スマートウエルネスタウンが来年9月に完成予定とのこと。
町の総合戦略では、誰もが安心して「健幸」に暮らし続けられる地域社会
の構築、交流人口を増やし定住人口につなげるという将来像に基づき
コンパクトシティの形成をめざしています。
その重点プロジェクトが本事業で、JR上総一宮駅から車で約15分の
ところに健康支援型の道の駅と住宅を官民連携で一体的に整備されます。

敷地面積は合計約2万6000㎡で33戸の住宅ゾーンでは
子育て世代を中心とする定住促進と高齢者世帯の移住を支援する
住宅を開発。
道の駅の温浴施設では、ご当地の水溶性天然ガス採取後のかん水を
コージェネレーション廃熱で加温して温泉として提供するという
地産地消のユニークな取り組みとなっています。
完成の折には、ぜひまた訪れたいと思います。

スマートウエルネスタウン現地
まだ何もない更地の建設予定地を見学

また、道の駅施設は防災拠点でもあることから非常時の自立も
視野に入れたエネルギーマネジメントも行われます。
環境面(低炭素化)と社会面(防災拠点)の能力向上、経済面での
エネルギーコスト削減などの達成を目的としていることから
国交省や環境省等の補助事業として約5割の国費が入ることも
注目点です。
県内の自治体でも睦沢町に倣い、国の補助メニューの活用も視野に
エネルギーの自立分散政策を推進してほしいものです。

予算委員会では今回の視察で学んだことも踏まえ、千葉県のエネルギー
政策のあり方についても、問題提起していきたいと思います。

カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

手づくりの交流会 

2月4日(日)

新年に入り、早くも2月に突入。
先週27日(土)には、当団体「市民ネットワーク千葉県」の定期総会、
続く新年交流会を開きました。

今回は役員選挙もあり、共同代表に千葉市議の松井佳代子さん、
元市原市議の桑田尚子さんが新任されました。
私も県議在任中は、引き続き共同代表を務めることになりました。
総会で出たさまざまな意見・提言を今後の活動に生かしていくため
新たなメンバーで助け合いながら、取り組んでいきたいと思います。

例年、総会・交流会をホテルで開催してきましたが、
今年は趣向を変えて交流会は千葉駅近くの貸会議室で、
食事は活動仲間であるワーカーズコレクティブの安全で美味しい
お料理を頼みました。

交流会1
ワーカーズ「樹」と「回転木馬」のお料理

交流会には、130名を超える方々に参加していただきました。
これまでの準備が本当に大変でしたが、何とか無事に終えることが
できて良かった!
前々日から私も事務所に詰めて、総会の資料作り、当日のあれこれについて
事務局長と相談しながら進めてきました。

交流会2
総会直後、交流会場に移動し、準備におおわらわ!

交流会がスタートし、会場は人でいっぱい。
交流会3

国会議員や自治体議員をはじめとするご来賓も多数ご参加くださり
市民の皆さんとの会話も弾んでいたようです。
帰りがけに「楽しかった!」と何人かに嬉しい言葉かけをいただきました。

最後は恒例の代理人大集合!
代理人大集合

残念ながら16人全員勢揃いとはなりませんでしたが、
今年も市民の声を議会に届け、市民が主役の政治をめざし
がんばっていきたいと思います!

カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --   

あっという間の2週間 

1月23日(火)

正月明けは、地域へのあいさつ回り、ネット通信編集会議、
医師会、商工会議所、政党をはじめとする団体の賀詞交歓会や
新年会等々が続き、先週末にようやく一段落。

サンセットヒルズにて
1/11 ネットメンバーと新春バーベキュー(サンセットヒルズにて)
風もなく穏やかな日差しの中、和やかなひと時を過ごしました。

14日(日)には、高崎で恒例の八ッ場ダムシンポジウムに参加。
八ッ場ダムシンポジウム

八ッ場ダムの報道が減少し、関心が薄れつつあるこの頃ですが
問題は厳然とあり、何らなくなっていません。
現地で進められている建設を監視し、批判・警鐘を鳴らし続けている
地元群馬の仲間の変わらない精力的な活動に頭が下がり
下流の私たちも気を引き締めて対応しなければと思いを新たにしました。
さらなる事業費増額・工期延長も否定できません。

臼井東地区社協  にこにこサービス
1/16 うすい東地区社協 たすけあいサービス訪問

昨日は、市民ネットの議員が一堂に会しての「代理人会議」でした。
延期になった県議会商工労働常任委員会の県外視察が同日程で
後から入ってきましたが、年に数回しか開けない重要な会議なので
こちらを優先。
30年間続いてきたネットの代理人運動も新たな局面に直面し
組織運営の難しさを感じるこの頃です。
今週27日(土)総会に向けての準備もアレコレと入ってきます。

そんなこんなの毎日で政務調査も滞りがちでしたが
地元佐倉の県立高校統廃合にかかわる資料を入手。
昨年末のブログで報告したとおり、佐倉東高校定時制の廃止、
佐倉南高校の三部制定時制移行を示した「第4次次実施プログラム案」を
検証するためです。

そのデータを見ても、今回のプログラム案の説明根拠や合理性は
見えてきませんでした。
そこで、担当課に追加の資料請求を要請することにしました。

特に南高全日制の受験倍率は1.3倍超で人気もあり、
佐倉市内の生徒はこの5年間で22~34%。
佐倉を含む第4学区からの生徒の割合も7~8割強。
この全日制をなくせば、地元の高校に通えなくなる生徒も出てきます。

また、佐倉東高定時制に通う佐倉市内の生徒は、今年度は37%、
昨年度は46%と圧倒的に高く、この選択肢がなくなることは大打撃です。

県教委は「地域のニーズに応える、魅力ある県立高等学校づくりを目指す」
とスローガンを掲げているのですから、そのとおり実行する責務があります。
今回のプランを当事者抜きで拙速に進めるのではなく、生徒や保護者、
地域の声を丁寧に聞き、より良い方向に変える必要があります。
引き続き注視していきます。



カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --   

今年もよろしくお願いいたします! 

1月8日(月)

2018年がスタートしました。
穏やかなお正月でしたが、良いお年をお迎えになりましたか?
私は年末年始は神奈川の夫の実家へ、4日から郷里の仙台に帰省し
昨日、佐倉に戻ってきました。

という訳で、今日の成人式が仕事始めとなりました。
佐倉市の成人式は、十数年前から3つの地域に分かれて
三部制で行われます。
午前10時からは地元の臼井・千代田地区、11時半からは
志津地区、午後1時半からは佐倉・根郷地区。
各地域のカラーは若干ありますが、全体的には静かな雰囲気のなか
滞りなく式典が進みました。
紋付き袴姿のちょっとやんちゃな姿はありましたが
他市のように暴れる新成人はいませんでした。

成人式にて
志津地区の会場の様子

成人式実行委員会の新成人のメンバーも初々しい!
会場いっぱいに、フレッシュなパワーがみなぎります。
若さ全開の姿を見ながら、地域の方々とともに
新成人の新たな門出を地域で祝福しました。
これからの皆さんのご活躍に心からエールを送ります!

私も若い人に負けないよう、新たな気持ちで
明日からの仕事をがんばります!!

カテゴリ: 未分類

Trackback: --   Comment: --   

すべての子どもたちに温かな教育を! 

12月28日(木)

今日は仕事納めで県議会棟に来ています。
会派控室の机や棚からオーバーフローし、山積みになった資料の整理に
これから取りかかりたいと思います。
その前にブログを更新していますが、自宅パソコンからのアクセスが
未だにできず、問題解決に至っておりません。

先週22日(金)議会最終日に発議案の賛成討論をし、その原稿は
サイトの最新トピックスに掲載しました。
安倍政権は2020年新憲法施行を目標とし、来年にも改憲発議が
行われようとしています。
止まらない軍事費の増加、ミサイル共同開発、防衛装備品の大量購入など
憲法9条は骨抜きにされ、すでに軍事国家への道を歩みつつある日本。
子どもたちの将来、この先の日本の未来に暗い影が落とされています。

12月議会では、昨年9月議会以来5回も継続審議となっていた
「夜間定時制高校給食の継続を求める請願」と新たに出された
関連の請願が賛成少数で否決されてしまいました。
賛成した会派は、民進党、共産党、市民ネット・社民・無所属。
自民党は「やむを得ない」と反対。
公明党は請願審査の継続を求め、態度保留という結果です。

特に12月議会提出の新たな請願については、4798筆の署名が
添えられ、私もこの間の署名集めに奔走しました。
提出締切に間に合わなかった分を合わせると、5千筆を超える賛同が
寄せられました。

県教委の給食検討チームは、定時制17校全校での給食廃止という
トンデモナイ最終報告を出しました。
この3年間、給食の試行的廃止をはじめてから各学校現場の実情を
調査してきたといいますが、いったい何を検討してきたのでしょうか?
本当に生徒や学校現場の実態に目を向け、何が必要かを真剣に
検討したならば、このような乱暴な結論にはならなかったと思います。
初めから「経費削減ありき」の廃止というべきだったのではないでしょうか。
そして、この給食廃止は定時制高校縮小の流れの始まりであることも
明らかになりました。

11月に出された「県立学校改革推進プラン 第4次実施プログラム案」では
行徳や佐倉東高校の定時制廃止、全日制の佐倉南高校を三部制定時制に
改変する等々、明らかに今の教育環境を後退させる内容が示されています。

一昨日26日(火)18:30から佐倉の中央公民館で開かれた説明会には
現役の県立高校の先生、地元中学校の先生、地域の民生主任児童委員など
多くの方々が集まり、県の無謀なプランに対し、様々な問題点を指摘。
通学の便や安全性、交通費の大幅な負担増、教育環境の保障、
何一つとっても、今より良くなるとは県側の答弁から見えてきませんでした。
本当に生徒たちのことを考えれば、このような計画案は出されないはずです。
「教育立県千葉」と胸を張って言えるのでしょうか?

会場で出された様々な意見、具体的な問題指摘を教育庁は
真摯に受け止めなければなりません。
特に生徒たちと日々真剣に向き合い、奮闘されている先生方の言葉は
胸を打つものでした。
佐倉東高校定時制の先生は、「生徒のための教育活動、子どもの笑顔、
子どもの最善のためをモットーにとてもいい学校になっている」と
涙ながらに訴えておられました。
「少なくなっていく子どもたちを大切にしてほしい」と地域の方も
発言されました。

このような路線の教育行政では、この先の千葉県は
地盤沈下を起こすでしょう。
何よりも明るい未来を切り開くのは、人の力、とりわけ子どもたちの力です。
子どもたちへの投資、分け隔てのない教育環境の充実こそ
千葉県の喫緊の課題です。

子どもの貧困が深刻になる中、目先の経費削減に走り、
教育格差を拡大させるのでは、千葉県の将来は先細りしていきます。
すべての子どもに寄り添い、個性を尊重し、人格の形成を支える
温かな教育を千葉県で実現してほしい。

今年も振り返ればさまざまなことがありましたが、
暮れの押し詰まった今、感じていることをお伝えしました。
寒い日が続きますが、どうぞお身体に気をつけて
良い年末年始をお過ごしください。
今年も大変お世話になりました。

カテゴリ: 子ども・教育

Trackback: --   Comment: --