プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(雪割草)

埼玉の医療政策を学ぶ(その2) 

4月18日(水)

視察報告の続きです。

埼玉県総合医局機構「地域医療教育センター」では、医師のスキルアップを
サポートするため、各種シュミレーターを設置し、実際の診療さながらの
研修を行っています。
平日は午前9時から午後9時まで、土日祝日も午後5時まで開館し、
年末年始以外は年中無休。
利用者は、週末が多いとのこと。
原則無料で利用申請もメールやファックスで行えるそうです。

早速シュミレーターを見せていただきました。

子ども病院の施設内ということもあり、乳児のマネキンが
たくさん並んでいました。
子どものマネキン


吸引、採血、縫合といった基本的な医療手技の練習や
超音波診断、呼吸音聴取、フィジカルアセスメントなどの
身体診察のトレーニング用シュミレーターも整備しています。
高規格シミレーター

高規格シュミレーターを使った救命・蘇生トレーニングも
チアノーゼ状態のマネキン

1機数千万円のシュミレーターを病院独自で導入することは
なかなか難しいのですが、研修医のスキルアップのために
県が最新設備を提供していることは大きな魅力です。

続いて、同施設内の埼玉県立小児医療センターへ。
病院長の小川潔さんからお話を伺いました。

同センターは小児疾患専門の第三次医療機関。
2016年12月に岩槻の郊外からさいたま新都心に移転し
隣接するさいたま赤十字病院と緊密に連携している状況を
ご説明いただきました。

診療科は、全部で29科目。
医師数は常勤非常勤を含めて、約170人、看護師も500名超。
診療領域を問わず、すべての重篤な小児救急患者を24時間体制で
受け入れる小児救命救急センターを開設しています。

高度救命救急センターであるさいたま赤十字病院とは集中治療を要する
小児患者の受け入れや救急医療スタッフの教育・研修など
様々な場面で連携しています。
小児救急患者の約4割は「不慮の事故」によるもので
重傷患者を受け入れるために専門の救急医を配置。

また、総合周産期母子医療センターでは、母体退治集中治療室
(MFICU)や新生児集中治療室(NICU)を備え、ハイリスク妊産婦や
新生児を24時間体制で受け入れています。

人口・出生数ともに全国第5位の埼玉県は、周産期医療の需要は多く
ハイリスク母体、ハイリスク新生児への高度な医療体制の整備が
求められており、当センターの役割は大きなものがあります。
昨年度に搬送された重症患者は424件、そのうちの75%が
お隣の日赤病院からだったそうです。
また、千葉県からの患者も搬送されていると聞き、改めて医療の
広域連携の実態を垣間見ることができました。

小川病院長に院内を案内していただきました。

連絡通路1
こちらは日赤病院との連絡通路

連絡通路2
扉の向こうは日赤病院

この扉が開き、両病院での連携プレーが行われています。

集中治療室
おおぜいの医療スタッフが配置されている集中治療室の様子

千葉県のこども病院では産科医が確保できず、周産期医療が看板倒れ
となっていますが、当センターでは日赤病院と連携することでこの問題を
クリアしています。
新病院建替えにあたり、県から日赤に働きかけ、
お互いウインウインの状況を作り出すことができたことは
県の医療政策の先見性の結果です。
このような事例は全国で3番目。
民間病院との連携は全国初とのこと。

病院ロビー
明るく広いロビー

ロビー

売店

子どもたちが喜びそうなお菓子屋さんもありました。

視察一行
視察メンバーと

埼玉県の医療政策を学び、実り多い視察となりました。
お忙しいところ丁寧に対応していただいた埼玉県の皆様、
本当にありがとうございました!



カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

埼玉の医療政策を学ぶ(その1) 

4月15日(日)

今日の午前中は、市内の駅頭で「安倍9条改憲NO!」の
3000万人署名活動を行う予定でしたが、雨と強風のために中止となり
久しぶりにブログを更新しています。

先週・先々週は、地元の小・中学校と佐倉南高校の入学式に出席し
私自身も気持ちを新たに新年度を迎えることができました。
子どもたちが将来に希望を持ち、安心して学び育つことができる
佐倉市、千葉県にしていきたいと改めて強く感じました。

また、3月議会終了後、編集作業を進めてきた「県議会報告」が
13日(金)に事務所に届き、今日の朝刊で一部新聞に折り込み
されています。
詳しくは、以下でご覧ください。
    ↓
入江あき子の県議会報告

今回は地元のシルバー人材センターの皆さんのお力をお借りし
市内のお宅のポストに届けていただくことにしました。
春の嵐が吹き荒れるなか、大変だと思いますが、
足元に気をつけて配布していただきたいと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、一昨日、会派メンバーと市民ネットの
市議3人で、埼玉県の小児医療センターと地域医療教育センターを
訪ねました。
3月の予算委員会で医師確保策を取り上げたのですが、調査の過程で
同じく医師不足に悩むお隣の埼玉県の取り組みを知り、ぜひ埼玉県の
話を聞きたいと思い立ち、議会終了直前に視察を申し込んだのです。
ところが、日程調整が厳しくようやく実現にたどり着けました。

両センターがあるのは、省庁など高いビルが立ち並ぶさいたま新都心。
改札を降り、5分もしないうちに到着。

埼玉県立小児医療センター
地下1階・地上13階の巨大な施設

まずは、8階にある「地域医療教育センター」を訪問
地域医療教育センター
他の階には、保育園や特別支援学校も入っています

当センター長で小児医療センター循環器科副部長でもある菱谷隆さんや
保健医療部医療人材課副課長の塚本英樹さんから、お話を伺いました。

埼玉県の医師不足は全国最下位という厳しい状況にありますが
5年前に「埼玉県総合医局機構」を創設し、「医師の確保・派遣」と
「医師の支援」を二本柱に着実に成果を上げています。
機構には、医師会、県内医療機関、大学などの関係者が運営に参画し
オール埼玉体制で取り組んでいるのは、他県にはないとのこと。
医学生へのアプローチとして、県と病院が一体となった臨床研修病院のPR
やガイドブックの充実、初期研修医交流会(昨日14日に開催で270人参加
予定とのこと)も開いているそうです。

また、驚いたのは、奨学金制度の考え方です。
千葉県では国の基金を活用して修学資金貸付を行っていますが、
埼玉県では全額県費、対象者も県内出身者に限定していません。
また、今年度の予算額は約10億円で新規貸付枠は四十数名とのこと。

予算委員会でも取り上げた初期研修医と臨床研修病院とのマッチングの
伸び率が埼玉県で急上昇しているのは、当機構の成果だということが
データで示されています。

初期研修医マッチング状況

・平成30年度から県内で初期研修を開始する医師数
 342人(5年連続過去最高を更新)
・制度開始(平成15年度)以来の増加数
 177人(全国第1位)
・制度開始(平成15年度)以来の伸び率
 2.07倍(全国第1位)

翻って、千葉県のマッチング率は低下傾向にあります。
また、初期研修医の定着率はここ数年間6割以下、
昨年度は50.8%でした。
千葉県も埼玉県に学ぶ必要があると思います。
この後、最新のシュミレーターが設置された研修施設を
ご案内いただきました。
昨年4月からオープンして、すでに利用者は1万人を超えたそうです。
詳しくご報告したいところですが、時間切れになってしまいました。

これから市川市長選の初日の応援のため、出かけます。
続きは改めてご報告します。


カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

春は学びの季節 市民ネット学習会にご参加ください 

4月4日(水)

新年度がスタートしました。
先週は市内5駅に早朝お邪魔し、議会速報を配布させていただきました。
年度末の慌ただしい頃でしたが、久しぶりにお目にかかる方もいて
連日天気も良く、無事終えることができて感謝、感謝!!

議会速報は以下のとおりです。
今回はデータ量が多く、画像が不鮮明で申し訳ありません。
    ↓
議会速報

京成佐倉駅にて
3月29日京成佐倉駅にて

市民ネットワーク事務所前の小さな桜の木。
今年も満開の花を咲かせました!

小さな桜の木 その1
画面左の白いビルの4~6階が当事務所です。

小さな桜の木その2

アングルを変えて
小さな桜の木その3
バックに写っているのは、県庁

本題ですが、今週7日(土)午後に県ネット事務所にて
国民投票の学習会を開きます。
詳しくは、以下をご覧ください。
    ↓
4月7日(土)国民投票学習会

また、翌週14日(土)には山田正彦元農林水産大臣をお招きし、
佐倉市美術館ホールで種子法の学習会を開きます。
詳しくは、以下をご覧ください。
    ↓
種子法学習会

どちらも今とても重要な問題です。
ぜひご参加ください。
お待ちしております!

カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --   

桜の咲くころ 

3月21日(水)

春分の日の今日は、朝から花冷えの一日。
県庁前の桜の木々もつぼみを膨らませていましたが、
今日の雨で開花も少し先になるでしょうか?

先週15日(木)に2月県議会が閉会し、今週は県議会報告と
県議会速報の原稿書きに追われています。
予算委員会で取り上げた医療、教育、エネルギー政策を中心に
記事をまとめようと思います。
速報は来週26日(月)から市内5駅で早朝配布する予定です。
初日は朝6:30~JR佐倉駅にお邪魔します。

県議会報告は4月13日(金)発行予定で地域に配布し
15日(日)に一部新聞折り込みします。
出来上がり次第、サイトにアップしますので、ぜひご覧ください。

先週は地元の小学校と中学校の卒業式に出席させていただきました。
知り合いの息子さんが立派に成長した姿に年月を感じたり
子どもたちの美しい歌声に心が洗われたり…。
私にとっても特別な日になりました。

間野台小学校の宮腰英二先生もこの3月でご退職とのこと。
運動会で気合バリバリの姿が印象的でした。
本当にお疲れさまでした!

桜が咲くと春を実感します。
毎年、県ネット事務所前の小さな桜の木の開花を心待ちにしていますが
昨日見たときは、つぼみは固く閉じていました。

事務所前の去年の桜
去年の桜

手前が小さな桜の木です。
今年も楽しみです。

こちらは、少し前に都内で初めて見た桜の花
初めての桜


カテゴリ: 未分類

Trackback: --   Comment: --   

明日2日(金)から予算委員会 

3月1日(木)

早いもので、今日から3月。
ブログの写真を「雪割草」に変えました。

毎年この時期に佐倉の川村美術館で雪割草の展示会が開かれます。
今年は、明日2日(金)~4日(日)9:30~16:30に開催との
ご案内が主催者(千葉雪割草会)から届きました。
いつも可憐な花々を見に出かけるのですが、今年は日程的に難しいかな?
ご都合がつく方は、一度ぜひ足を運んでみてくださいね。

ところで、今朝は首都圏でも激しい雨と暴風が吹き荒れています。
今日は議会は休会日なので朝早く家を出る必要がなく幸いでしたが
天気が少し落ち着いたころ、議会に出かける予定です。

明日からは予算委員会がはじまります。
今日は委員会で使う資料作成等の準備があります。
私の持ち時間は1日20分で3日間で合計60分。
質問時間はおおむね15:50~16:10ごろになります。

初日の明日は、エネルギー政策一本にしました。
世界のエネルギー政策は、脱原発・脱炭素・再生可能エネルギー推進に
大きくかじを切っています。
そんな世界の潮流に逆らい、原発や火力発電をベースロード電源とする
電源構成にしがみついている日本は世界から取り残されていますが
千葉県はどうなのか?

地方から再生可能エネルギーによるエネルギーの地産地消、
自立分散型エネルギーを広げていく取り組みが何よりも必要です。
エネルギーもお金も地域で循環させ、地域経済の活性化や
災害に強いまちづくりにつなげる起爆剤ともなっているからです。

県が独自に明確な省エネや再生可能エネルギーの導入目標を打ち出し、
これらの取り組みを進めていくことで国を後押していく必要があります。
各地のローカルな取り組みがグローバル社会や次世代からの要請
でもある持続可能な地球環境へとつながります。

現にお隣の東京都や神奈川県でも独自のエネルギー戦略計画を策定し
意欲的な目標を掲げて積極的に取り組んでいます。
今からでも遅くありません。
千葉県の取り組みに期待し、提案したいと思います。

という訳で、2日目と3日目の質問項目を以下簡単にお知らせします。

3月5日(月)
1.医師の養成・確保について
2.在宅医療について

3月6日(火)
1.治水対策について
2.県立高校の環境整備について
3.県立定時制高校について

以上ですが、また時間に余裕があれば、詳しくお知らせしたいと思います。
少しずつ春が近づいているようです。
天候不安定の折、くれぐれもご自愛ください!


カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --