プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(菜の花))

福島原発避難者は今 

4月22日(土)

昨日の午後2時から、福島原発事故で県内に避難されている当事者や
支援団体の方々と県の担当課にヒアリングし、今後の対応について
要請しました。

とりわけ今年3月末で住宅支援を打ち切られた区域外避難者
(いわゆる自主避難者)の方々の状況が気がかりでした。
県の防災政策課が公表した情報は、以下のとおりです。

自主避難されていた257世帯のうち
・引き続き県内に居住は、195世帯(76%)
・福島県に帰還は、40世帯(16%)
・千葉県、福島県以外への転居は、19世帯(7%)
・その他、転居先不明は、3世帯(1%)

千葉県に引き続き居住の195世帯のうち、これまでの民間賃貸住宅に
継続入居が92世帯、また同一市内の民間住宅に転居が52世帯が
圧倒的に多く、公営住宅に転居または継続入居が10世帯。

千葉県が新たに設けた県営住宅の「優先枠」50戸に対する
応募状況は、募集締め切りの4月15日時点でゼロという残念な結果。
優先枠設定の取り組みは高く評価できるものですが、もう少し早く
支援策を打ち出すことができていれば…。
しかし、「応募ゼロ」イコールニーズがなかったとの評価につなげる
のは、時期尚早だと思います。

実際、県内の避難者で県営住宅への応募を考えていたケースも
聞いており、県営住宅に実際に入居できる6月までの対応や
手続等がスムーズに進まなかった可能性も少なくありません。

一昨日、千葉地裁で開かれた福島原発裁判においても
自主避難者の方々が3月で住宅支援を打ち切られ、経済的にも
精神的にも厳しい状況に追い込まれていると原告代理人の意見陳述で
明らかにされました。

県営住宅の入居募集は、通常年4回行われていますが
例外的かつ緊急対応として、7月募集までの間にこの「優先枠」を
必要な避難者につなげてほしい、そのための方策を検討してほしいと
要請しました。
そのためには、避難者のおかれている状況を把握しなければなりません。
千葉県は被災県でもあったため、避難者の方々が居住する市町村が
直接的な役割を担っていますが、双方の連携を強めることで
個別のニーズに合った支援につなげる必要があります。
「避難者カルテ」による実態把握がどの程度行われているのか
確認しなければなりません。

避難者への個別事情に応じた生活再建支援が喫緊の課題です。
自立を促すための就労支援や高齢化に伴う福祉施策など
あらゆる法制度に基づく行政支援や民間支援が必要であり
避難が長期化すれば、ニーズも変化します。

とりわけ住まいの確保は、生きるための基本的社会保障。
復興庁によると、97%は住まいが確定済みとのことですが
これは退去確認含めた数値ではないかとの疑問があります。
なぜならば、福島県は3月21日の段階で3200件を掴んでいない
からです。
このことについては、昨日の国会審議で追及されるとのこと。

今後も引き続き民間支援団体の皆さんとともにこの問題に取り組み
国や県、市町村に働きかけていきたいと思います。

県との交渉
4月21日 千葉県への要請

 

カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --   

考えただけで罪になる?! 

4月12日(水)

昨日11日(火)は、朝6時半から京成佐倉駅の駅頭にお邪魔し
議会報告を配布。
1時間ほど経ったころ雨がパラパラと降ってきましたが、
これで市内5駅での活動を終えることができました。

駅頭で議会報告を受け取っていただき、またお声がけいただき
本当にありがとうございました。
何人かの方から、新たな職場に移動されたとのご報告もありました。
私も気持ちを新たにがんばっていきます!

佐倉駅にて
京成佐倉駅にて

今日は朝からうららかな日差しが差し込み、春爛漫の陽気です。
桜の花もそろそろ散り始め、花吹雪や花筏が楽しめそうです。
今年は桜を満喫できた年でした。

県ネット事務所前の小さな桜の木も満開の花をつけています。

10日の桜

事務所前の桜2
4月10日撮影

今日の午後は、17日臨時議会の議案説明のため、
これから県庁に出かけます。

それにしても、お花見気分とは裏腹に、いま日本社会は
危険な方向に進んでいます。
国会でのテロ対策を名目にした「共謀罪法案」の行方が心配です。
一般市民には関係がないと受け止められているせいか、
この問題への関心はいま一つです。

そこで、市民ネットワークでは急きょ、学習会を開くことに決定。
講師は、「憲法の伝道師」こと、あの伊藤真さん。
超ご多忙のところ、千葉までお越しいただけることになりました。

以下のとおり、開催します。
ぜひご参加ください。

◆学習会「共謀罪はなぜ凶暴なのか? ~考えただけで、罪になる!?」

日時  5月13日(土)16:00~18:00
場所  ハロー貸会議室千葉(千葉駅前) RoomC(定員90名)
参加費 500円
講師  伊藤真さん(弁護士・伊藤塾塾長)
プロフィール:1958年東京都生まれ。
         真の法律家の育成を目指し「伊藤塾」を設立。
         日本国憲法の理念を伝える伝道師として、
         講演・執筆活動を精力的に行う。
         夢は世界の幸せの総量を増やすこと。

詳しくは、以下をご覧ください。
   ↓
共謀罪の学習会





カテゴリ: あれこれ

Trackback: --   Comment: --   

桜色の季節 

4月6日(木)

今日は、地元の中学校の入学式に出席。
新入生133人の新たな門出を地域の皆さんとお祝いしました。

臼井中前で
春の嵐の中で1枚

週初めからようやくうららかな日差しが注ぎ、桜の開花も進んでいます。

3日(月)時点での事務所前の小さな桜の木
事務所前の桜の木1

小さな桜の木2

ようやく蕾が開き始めたところでした。

4日(火)は、母校のICUまで小旅行。

中央線の武蔵境駅で下車
武蔵境駅

学生時代に住んでいた武蔵境の街は、様変わりしていました。
30年ぶりに下宿先を訪ね、少々迷いながら懐かしい道々をだどって
大学に到着。

ICUの桜

「滑走路」と呼ばれる道路には、新入生勧誘の部活動・サークルの学生が
繰り出し、大賑わいで、30年前にタイムスリップしたような感覚。

あの頃は何を考えていたのか?
何を目指していたのだろうか?
自問自答しながら、桜を満喫しました。

ICUの桜2
見事なしだれ桜の木

しだれ桜

「バカ山」も健在
ICUバカ山

たくさんの学生がグループでおしゃべりしたり、芝生に寝そべったりと
変わらない「バカ山」の風景がそこにありました。

帰りに、武蔵境駅近くにできた武蔵野プレイスを見学
武蔵野プレイス

武蔵野プレイス2
図書館や市民活動のスペースが入った複合施設です。

武蔵野プレイス3
1階にはカフェがあり、おしゃれな空間

こちらは、2階の子どものスペース
武蔵野プレイス4

明るく開放的な施設で子どもからお年寄りまで思い思いの時間を
過ごしているようでした。

佐倉歴博の見事な桜
歴博の桜

昨日5日(水)は、思いがけず歴博の桜も楽しむことができました。
淡いピンクの花を見あげていると、気持ちが和らぎます。
明日は、間野台小の入学式。
お天気が続くことを祈ります。




カテゴリ: 未分類

Trackback: --   Comment: --   

医学部新設で地域医療はどうなる? 

4月5日(水)

先週末2日(日)は、成田にある国際医療福祉大学へ。
午前中は、医学部新棟の内覧会、午後は入学式に出席しました。

国際医療福祉大学
昨年に新設した看護学部・保健医療学部棟の前で

今年4月から医学部が新設され、1期生として120人の新入生と
20人の海外留学生を迎え入れます。
午前中の内覧会に会派の3人で参加。

国際医療福祉大学医学部棟
真新しい建物内はカラフルで明るい印象

医学部棟1

医学部棟2
こちらはモニター室

学生の診療演習をリアルタイムでデータ化し、指導や学生の振り返りに
役立てる最新鋭の設備が整っています。

こちらは、解剖実習室。
36台の解剖台がずらりと並べられていましたが
「実習を行うためのご献体の確保はどうするのか?」と説明に当たった
先生に尋ねたところ、2学年時の後半までに目途をつけたいとのこと。
本来ならば、4人一組で行うところ、当面は6人になる見通しだそうです。

解剖実習室

解剖台の説明

こちらは、解剖台についての説明。
ホルマリンの臭気をわきから吸い込み、ダクトも天井ではなく地下へと
落とす、最新のスペックです。

国際交流室
海外留学生のサポートをする国際交流室

ベトナム、中国、インドネシア、韓国など、10か国からやってきた学生は
すべて国費留学生というスーパーエリートです。
国際的かつ総合的な診療を行える医師の養成が大きな目的に
掲げられています。

国の国家戦略特区という規制緩和で例外的に認められた医学部新設。
実に38年ぶり、沖縄大学以来(旧東北薬科大学への新設は震災特例)
とのこと。
一般の臨床医ではなく異次元の医師養成を行うとして、認可されましたが
この医学部新設により、医師・看護師等の引き抜きをはじめとする
地域医療への影響が懸念されています。
県医師会も反対声明を出しましたが、設置された以上、今後の地域医療
への具体的な貢献を求めていかなければなりません。

千葉県は国際医療福祉大学に3年間で35億円の補助を行う予算を計上。
予算執行に当たり、同大学が地域医療に貢献するための担保が
必要でした。
そして、ようやく先月27日、県は同大学との間で協定書を締結。
先日、私も協定書を確認し、医療整備課から説明を受けましたが、
現時点ではあくまでも理念の域を超えず、具体的な中味は今後における
協議の中で引き出していかなければならないようです。

また、3年後の2020年には、640床の附属病院が建設される予定です。
先月25日、同大学は640床の病院を医育機関として認めてほしいと
厚労省に承認申請を行ったとのこと。
特例的に承認される見通しです。

いずれにしても、本医学部新設が与える地域医療へのインパクトについて
引き続き調査し、注視していきます。

カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

新年度がスタート! 

4月1日(土)

新年度がスタートしました!
年度末の3月はさまざまな問題が起こり、その対応に消耗し
ブログ更新をすっかり怠ってしまいました。
気分一新し、新年度は更新に努めたいと思います。

今月のブログの花は、菜の花。
明るく元気な気分にさせてくれます。

桜は開花したものの、この1週間は冬に逆戻りしたような寒さでした。
事務所前の桜の花もまだ3分咲きといったところ。

事務所前の桜の木

その隣にある小さな桜の木
小さな桜の木

毎年、この木の開花を楽しみにしていますが、つぼみはまだ固く
来週になるかな?

知事選の影響で、2月議会報告の駅頭での配布が遅くなりました。
29日(水)京成志津駅を皮切りに、市内5駅の駅頭をお借りし
早朝6時半からお邪魔しています。

DSCN5896.jpg
志津駅で市議の五十嵐さんと

30日(木)京成臼井駅、31日(金)ユーカリ駅は寒い朝でしたが
お目にかかった皆さんからエールをいただき、心が温まりました。
新年度目前の慌ただしい朝のひと時、議会報告を受け取っていただき
本当にありがとうございます!

私たちも市政・県政が身近なものとなるよう新年度も
情報をタイムリーに伝え、地域の皆さんの声を届けていきます。

次の駅頭配布は、10日(月)JR佐倉駅と11日(火)京成佐倉駅の予定。
少し先になりますが、県議会報告の紙面は以下でご覧になれます。
     ↓
2017年3月県議会報告

今朝は、お花見には残念な雨模様になりました。
まさに花冷えといったところですが、体調管理にくれぐれも気をつけて
良いスタートをきりましょう!



カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --