プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合わせ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

入江あき子の県議会日記

日々の活動や想いを綴ります。

季節の花の写真(りんごの花))

21日投開票 八千代市長選に注目!! 

5月19日(金)

今日は10:30~市民ネット主催で再生土の学習会を開きました。
再生土学習会

講師は、残土・産廃問題でおなじみ先輩議員の山本友子さん。
市原市議時代から県議の現在に至るまで、この問題に悪戦苦闘し
ライフワークとなってしまった感があります。

産廃・残土問題が絶えない市原市
再生土学習会2

再生土学習会3
再生土の山の上に太陽光パネルが設置され、一挙両得どころか
事業者にとっては、三得とやりたい放題?!

再生土学習会4
写真にある黒光りするのり面も再生土?

そもそも再生土については、法的規制がなく建設汚泥を「中間処理」
すれば、許可申請をすることもなく自由に処理することができます。
しかし、これでは業者は規制もなく環境悪化は避けられないと
千葉県は昨年9月に「再生土等の埋立て等に係る行政指導指針」を
策定しました。
とはいえ、これでは不十分であり、最終的には市町村が独自に
歯止めをかける必要があります。

豊洲の汚染土
そして、山本友子からショッキングな話しが…。

市原市の東国吉残土処分場には、都議会で問題となっている豊洲の
汚染土が洗浄して持ち込まれている可能性大とのこと。
まさに首都圏のごみ捨て場となっている千葉県。

豊洲の汚染土が千葉に?

話しが面白くなってきたところでしたが、八千代市長選の応援のため
学習会を退席し、12時過ぎの電車で八千代緑が丘駅へ。

八千代市長選
13時からの駅頭に合流

八千代市長選1
次は、勝田台駅へ移動

現職市長である秋葉就一さんと市民ネットワークは、「市民が主役の
まちづくり」「徹底した市民目線による住民自治」をめざすという同じ志
を持ち、秋葉さんが市議になる以前からお付き合いを続けてきました。

秋葉さんは市長就任からの4年間、クリーンでしがらみのない市政を
実現し、さまざまな改革に取り組んできました。
その成果・実績にはめざましいものがあります。

・子育て支援・教育環境の充実
 この4年間で保育所定員増400人、学童保育定員280名増員
 子ども医療費助成を中3まで拡大、市立保育園の改修、
 小中学校トイレ改修ほか
・行財政改革
 事業仕分けで2.3億円の財政効果、積立金現在高9.5億円増
 市税徴収率2.6ポイントアップ、市長給与3割カットほか
・再生可能エネルギーの普及・推進
・防災対策の推進
 災害時用衣料品の備蓄協定締結、青年市長会への加入継続による
 遠方自治体との災害時相互援助協定の締結ほか

等々、書ききれません。

詳しくは、以下をご覧ください。
   ↓
秋葉就一オフィシャルサイト

八千代市長選3
埼玉県朝霞市の黒川議員も応援に駆け付けました!

勝田台の商店街へ

駅頭での訴えの後、勝田台の商店街から南の住宅街に練り歩き
秋葉市政の継続を訴えました。
真夏のような日差しが厳しかった!!
またまた顔のシミも濃く広がってしまいそうです…。

私はその後、選挙カーに同乗し、八千代台北などの住宅街に
お邪魔しました。

八千代市長選ポスター掲示板
今回の市長選は5人が立候補

混戦模様ですが、秋葉さんは実力・実績に加え、誠実で真面目な人柄
とどれをとっても他候補に負けていません。

八千代中央駅にて
18:30に八千代中央駅で再び、秋葉陣営に合流。

マイクでの放送終了となるまでの20:00ジャストまで自身のまちづくりに
かける意気込みと具体的な政策提言を伝えるため、疲れ知らずに
熱く話し続ける姿が印象的でした。

八千代中央駅にて
秋葉さんの友人・後輩が心強い応援団

選挙戦は残り明日一日となりました。
最後の最後まで「さらに住み続けたいと思えるまち・八千代を」という
思いを市民の皆さんに訴えてほしいと思います。
明日の夕方は、東京世田谷の保阪展人区長が応援に駆けつけるとのこと。
ご健闘をお祈りしています!


カテゴリ: ネット活動

Trackback: --   Comment: --   

地震・津波議連 熊本視察(その1) 

5月16日(火)

先週10日(水)~12日(金)の熊本視察について、ご報告します。

10日(水)10時15分羽田発の便に乗り、正午過ぎ熊本空港に到着。
熊本空港

千葉県議会「地震・津波対策議員連盟」主催の視察に出かけました。
この議連は、超党派のメンバーで構成され、今回は27人が参加。
いつも自民党の本清会長や吉本幹事長が視察の段取りの労を
一手に引き受けていただき、中身の濃い視察が実現しています。
改めて感謝です。

さて、前置きが長くなりましたが、最初の視察先はあの「益城町」。
昨年4月の熊本地震で甚大な被害を受け、たびたびマスコミでも
報じられていた地域です。

益城町仮設役場

仮設の役場で議会事務局長からお話を伺いました。

4月14日21時26分頃にマグニチュード7.3、震度7の地震が襲い
これが本震だと思いきや翌々日の16日夜中1時25分頃、
さらなる規模の地震が襲い、20名の方々がなくなり、震災関連死や
125名が重傷を負いました。
家屋被害も全壊・半壊を合わせて約6000棟。
町の98%以上が被害を受けたとのことです。

応急仮設住宅を1562戸(18箇所)整備し、町の職員の7割が
2ヶ月間、避難所運営にあたったそうです。
最も避難者が多かったのは、4月17日朝で、16,050人。
この数の中に、車中泊などの自主避難者の数は入っていません。
人口約3万5千人の規模の町ですから、その大変さが良く分かります。
お話の中で特に強調されていたことは、「自助・共助・公助」の意識を
市民に浸透させ、公助が必要なところに職員の手当てを行い、
中長期の対策を検討できる体制にしておく必要があるということでした。

益城町では自主防災組織の組織率が低く、結果的に役場の職員が
避難所運営に入らざるをえなかった。
そのため、初動体制や復旧・復興策の取り組みに遅れが生じたとのこと。
その後、全国各地から応援職員が入り、ようやく復旧復興の
取り組みを進めることができたそうです。
また、災害防災無線が機能しない場合にどうするか?
情報提供の方法や市民への周知について
平時から検討する必要性があることも指摘されました。

仮庁舎でのご説明終了後、使えなくなった役場へ移動。

益城町役場
地盤が沈み、渡り廊下にひびが入って危険な状態

議場に至っては、天井が落ちてアスベストが噴出
益城町議場
これが昼間だったらどうなっていたことか…。

4月16日朝刊
4月16日の朝刊

役場を後にし、町の総合文化会館にご案内いただきました。

益城町総合文化会館

外観は立派な建物ですが、地盤沈下が激しく立入禁止です。

益城町文化会館2
地面のアスファルトが波打っている状態

益城町の震災復興基本方針は昨年7月に策定され
その後住民との意見交換を30回ほど重ね、12月には
復興計画ができたそうです。
ようやくスタートラインに立ったという印象を強く感じました。
今回、益城町の皆さんからご教示いただいた防災対策の課題を
しっかりと復習し、今後の千葉県の政策につなげていきたいと思います。

2日目以降の視察については、改めて報告します。


カテゴリ: 視察

Trackback: --   Comment: --   

まとめて2週間  

5月15日(月)

ゴールデンウィークは郷里の仙台に帰省し、久し振りに両親や息子たちと
ゆっくり過ごすことができました。

畑仕事
みんなで畑仕事

すずらん
大好きなすずらんも最盛期

4日は、長男の運転で県北にある薬莱山(やくらいさん)までドライブ。
標高わずか553メートルの山ですが、加美郡の名を冠して
加美富士とも呼ばれ、伝説も多く信仰の山となっています。
そして加美町といえば、震災後の放射性廃棄物埋立候補地にあげられた
町でもあり、その反対運動を町長を先頭にがんばっています。
千葉の運動体とも連帯し、いつも加美町長が熱いメッセージを
寄せてくださっています。

薬莱山1

やくらいガーデン1
後ろが薬莱山

薬莱山のふもとにある「やくらいガーデン」は、すでにある自然環境を
生かし、さまざまな草花が植えられていました。

やくらいガーデン5

やくらいガーデン3

やくらいガーデン2

アルパカさんにも初対面
アルパカ

8日(月)は、衆議院第二会館での「地方×国政策研究会」へ
国会勉強会

非正規公務員の改革と指定管理制度について、国の担当職員から
説明を受けての質疑応答、その後に民間シンクタンクによる論点整理
や参加議員間でのディスカッションと盛りだくさんの一日でした。

9日(火)
先の臨時議会で「がん対策審議会」の委員を拝命。
県民代表としての役割を果たすため、まずは県の対策の現状と
課題を勉強したいと思い、健康づくり支援課にレクチャーをお願いしました。
その後、組織運営の件で顧問弁護士と面談。

10日(水)~12日(金)
県議会の地震・津波議員連盟のメンバーで熊本を訪問。
2泊3日をフル活用した大変有意義な視察でした。
詳しくは、別途報告したいと思います。

13日(土)
朝9時に家を出て、佐倉市PTA連絡協議会総会に出席。

市P連総会

今年度の役員は、臼井地区のメンバーが中心。
会長は、地元臼井中の幾田さんです。
総会後、さくらネット事務所に戻り、運営委員会に参加。

その後、市民ネット主催学習会の準備のため、千葉へ。
タイトルは、ズバリ「共謀罪はなぜ凶暴か?」
講師は、憲法の伝道師こと伊藤真さん。

伊藤真さん講演会

伊藤真さん

伊藤真さん3
戦前の日本とドイツの共通点とは…。

伊藤真さん学習会

伊藤真さん学習会3

個人の尊重をベースにした立憲主義こそ日本国憲法の真髄です。
アベ首相の意のままに共謀罪を創設、憲法改定をさせてはなりません。

カテゴリ: あれこれ

Trackback: --   Comment: --   

今日から連休! 

4月29日(土)

今日は、ゴールデンウィーク初日。
空を見上げると、雲一つない青空が広がっています。
9連休、10連休という方もいらっしゃるとか?!
どうぞ良いお休みにしてください。

この連休中、私は実家の仙台に帰省する予定です。
息子たちも合流し、家庭菜園の援農作業にともに汗を流し
家族でのんびりと過ごしたいと思います。

今日は午後から、千葉9区市民連合発足集会があります。
四街道市文化センターで山口二郎さんを講師にお迎えし
来る総選挙に向けて、市民と野党の共闘を発信します。
平和で民主的な日本を次世代に手渡したい!
そのために地域から政治を変える動きを今こそ創り出していきましょう!

以下、先週末からの活動を写真で簡単に報告します。

4月22日(土)市民ネット議会報告会
議会報告会
今回のテーマは、医療政策。

国保の都道府県化、成田の医学部新設、地域医療構想と
保健医療計画を駆け足で報告しました。

会場は、志津市民プラザ
志津市民プラザ
駐車場の花壇がきれいでした。

4月23日(日)立憲ネット千葉主催 中野晃一さん講演会
中野晃一さん講演会

現在、さくらネット事務所で写真展を開催中です。

小吉クラブ写真展
「小吉クラブ」とは?

小吉クラブ写真展2

大空を羽ばたく姿、自然に溶け込む姿、さまざまな表情の野鳥が見られます。
ぜひお気軽にお立ち寄りください!


カテゴリ: あれこれ

Trackback: --   Comment: --   

福島原発避難者は今 

4月22日(土)

昨日の午後2時から、福島原発事故で県内に避難されている当事者や
支援団体の方々と県の担当課にヒアリングし、今後の対応について
要請しました。

とりわけ今年3月末で住宅支援を打ち切られた区域外避難者
(いわゆる自主避難者)の方々の状況が気がかりでした。
県の防災政策課が公表した情報は、以下のとおりです。

自主避難されていた257世帯のうち
・引き続き県内に居住は、195世帯(76%)
・福島県に帰還は、40世帯(16%)
・千葉県、福島県以外への転居は、19世帯(7%)
・その他、転居先不明は、3世帯(1%)

千葉県に引き続き居住の195世帯のうち、これまでの民間賃貸住宅に
継続入居が92世帯、また同一市内の民間住宅に転居が52世帯が
圧倒的に多く、公営住宅に転居または継続入居が10世帯。

千葉県が新たに設けた県営住宅の「優先枠」50戸に対する
応募状況は、募集締め切りの4月15日時点でゼロという残念な結果。
優先枠設定の取り組みは高く評価できるものですが、もう少し早く
支援策を打ち出すことができていれば…。
しかし、「応募ゼロ」イコールニーズがなかったとの評価につなげる
のは、時期尚早だと思います。

実際、県内の避難者で県営住宅への応募を考えていたケースも
聞いており、県営住宅に実際に入居できる6月までの対応や
手続等がスムーズに進まなかった可能性も少なくありません。

一昨日、千葉地裁で開かれた福島原発裁判においても
自主避難者の方々が3月で住宅支援を打ち切られ、経済的にも
精神的にも厳しい状況に追い込まれていると原告代理人の意見陳述で
明らかにされました。

県営住宅の入居募集は、通常年4回行われていますが
例外的かつ緊急対応として、7月募集までの間にこの「優先枠」を
必要な避難者につなげてほしい、そのための方策を検討してほしいと
要請しました。
そのためには、避難者のおかれている状況を把握しなければなりません。
千葉県は被災県でもあったため、避難者の方々が居住する市町村が
直接的な役割を担っていますが、双方の連携を強めることで
個別のニーズに合った支援につなげる必要があります。
「避難者カルテ」による実態把握がどの程度行われているのか
確認しなければなりません。

避難者への個別事情に応じた生活再建支援が喫緊の課題です。
自立を促すための就労支援や高齢化に伴う福祉施策など
あらゆる法制度に基づく行政支援や民間支援が必要であり
避難が長期化すれば、ニーズも変化します。

とりわけ住まいの確保は、生きるための基本的社会保障。
復興庁によると、97%は住まいが確定済みとのことですが
これは退去確認含めた数値ではないかとの疑問があります。
なぜならば、福島県は3月21日の段階で3200件を掴んでいない
からです。
このことについては、昨日の国会審議で追及されるとのこと。

今後も引き続き民間支援団体の皆さんとともにこの問題に取り組み
国や県、市町村に働きかけていきたいと思います。

県との交渉
4月21日 千葉県への要請

 

カテゴリ: 県議会

Trackback: --   Comment: --